MGNYC

流行のマネをするとダサいってことに気付いてる?

女子にモテるコーデには「フォーマル:カジュアル=7:3(プチフォーマル)」の黄金比率

2017年04月29日(土)

昔はアメカジが流行でしたが最近では大人っぽいコーデが流行っています。ですが、今流行りの大人っぽいコーデこそ「フォーマル」と「カジュアル」のバランスを意識しないとインスタグラムなどで良くみる「流行のマネしてダサいコーデ」になります。

なぜ流行り物を取り入れてるのにダサくなるのか?それは自分たちが日本人なので、外人のお洒落な人と同じ服を着ても足の長さや体型など全てが異なるので、お洒落初心者の人が彼らのマネをしても同じ様な雰囲気は出ません。また日本人の多くが胴長短足体型+童顔なのでフォーマルな格好をしても子供っぽく見えてしまいます。

なので、20代後半で大人っぽいコーデがしたいお洒落初心者の人がまず意識して欲しいのは「フォーマル:カジュアル=7:3(プチフォーマル)」です。

お洒落は着るブランドで決まるのではなくバランスです。まずバランスを考える際に注意するのが「ボトムス」「Iライン」「色」の3つです。です、この3つの説明の前にカジュアルとフォーマルの違いを紹介します。

フォーマルとカジュアルの違いとは?


フォーマルとカジュアルの違いとは?
フォーマルとはモーニングコートや燕尾服などの服装のことをいい、シチュエーションとしてはきちんとしたセレモニーや格式高い結婚式などに着る服になります。カジュアルはフォーマルとは真逆で軽装、肩に力が入らず堅苦しくない服装のことをいい、例えばシワなどを気にすることなく着ることができる服などがカジュアルになります。

フォーマルな服装とカジュアルな服装では日本人は胴長短足&童顔な特徴があるので、カジュアルなコーディネートが自然と選びがちですが、20代後半で大人っぽいコーデがしたいお洒落初心者は「フォーマル:カジュアル=7:3(プチフォーマル)」を意識してください。

7:3(プチフォーマル)に隠された秘密


なぜ7:3かというと、100%フォーマルのコーデはパーティーなどの場合はいいですが、普段のデートや遊ぶ際のコーデで100%フォーマルにしてしまうと「クールでカッコイイ」というより場違いな印象を与える可能性が高いです。逆に100%カジュアルコーデをしてしまうと先ほどの理由で多くの日本人が子供っぽい印象を与えてしまいます。

さらに日本人の多くが童顔顔なので服装と関係なくカジュアルな印象が出てしまいます。なので、フォーマルの比重がカジュアルよりも高いです。7:3の比率を意識するだけでお洒落な印象を与えることができます。

プチフォーマルの第一歩はボトムスから



先ほども書いた様に日本人の多くが短足の悩みを持っています。なので、まずはこのコンプレックスを上手く隠して、足を長く見せるだけで第三者に与える印象が大きく変わります。そこで20代後半で大人っぽいコーデがしたいお洒落初心者の人に初めにゲットして欲しいのが黒のスキニーパンツです。


黒のスキニーパンツの理由は2つあります。1つ目が「色」です。黒は引き締めて見える効果があり、日本人の体型はどうしても胴長に見えがちだけど、締まる黒を持ってくることで日本人の体型をカバーしてくれます。詳しい詳細は「大人っぽい雰囲気をスニーカーコーデで出すなら黒のスキニーパンツを絶対買おう」で書いています。

大人っぽい雰囲気をスニーカーコーデで出すなら黒のスキニーパンツを絶対買おう

大人っぽい雰囲気をスニーカーコーデで出すなら黒のスキニーパンツを絶対買おう

関連記事を読む



シルエットは「I」ラインで決まり



20代後半で大人っぽいコーデがしたいお洒落初心者に必ず取り入れて欲しいシルエットが「Iライン」です。Iラインをボトムスに持ってくることで体のラインが出て足が長く見えます。なぜボトムスにフォーマルなIラインを持ってくるかというとお洒落は足元からと言われるように、人の目線は下から上に上がります。なので、印象がトップスよりもボトムスの方が残るので、ボトムスにIラインのシルエットを持ってくるだけでフォーマルな印象を与えます。

また、シルエットは細くなればなるだけフォーマルな印象になり、太くなればなるほどカジュアルな印象になります。

多くの日本人は元々体型や童顔なこともありカジュアルな印象を与えがちなので、フォーマルに見える様に細いパンツを履くことで大人っぽい印象を与えることができます。

お洒落初心者はIライン+αで攻めろ!Iライン、Aライン、Vラインの違いを紹介

関連記事を読む

プチフォーマルで使う色は白黒+1色


お洒落初心者は黒のスニーカーと白のスニーカーがあれば大人っぽいコーデが出来ます」でも書いていますが、大人っぽいコーディネートをする上で意識して欲しいのが色のバランスです。

お洒落初心者は黒のスニーカーと白のスニーカーがあれば大人っぽいコーデが出来ます

関連記事を読む

ビジネスで使うスーツの多くが黒系で、中に着るシャツは白系なのが一般ですが、これには理由があります。なぜ黒白といった無系色の色がフォーマルなシーンで使われるかと言うとモノトーンカラーであるほどフォーマルに見えるからです。

なので、色でも先ほどの7:3(プチフォーマル)の比率は使えます。普段着で無系色の色を中心にすることでフォーマルな印象を与えて、赤青黄のようなインパクトが強い色を少し入れることでプチフォーマルの色使いの完成です。

なぜ赤青黄のようなインパクトが強い色がカジュアルに見えるのか?それは子供の服屋さんを調べると答えがわかります。子供は童顔なのは当たり前ですよね?彼らの雰囲気は可愛らしい印象しかないです。そんな彼らのファッションの多くが派手な可愛らしいデザインです。つまり、私たちの無意識の中で「印象の強い色=カジュアルで可愛らしい」というイメージを小さい頃から持っています。

日本人はさらに大人になっても童顔の人も多いので、お洒落を論理的に理解してない人たちは感覚でカジュアルなコーデを選択しがちです。

ですが、そんなあたなに必要なのは何度も言う通り7:3(プチフォーマル)の比率です。

生活切り崩してハイブランドを集めるのではなく、シルエットと色の比率を7:3(プチフォーマル)に意識して、生活予算内で女子にモテる「大人っぽいコーデ」の方法を20代後半で大人っぽいコーデがしたいお洒落初心者の方は心がけましょう。



499名限定!「会員優先」新感覚通販サービス開始


日本で人気のプレ値商品がNY定価で購入可能!

※上記の金額は送料等が含まれた金額になります。


このメディアを運営するニューヨーク在住のKei@ニューヨーク(@gmnyc_k)が2017/11月より会員優先通販サービス「CheckOut NYC(@checkoutnyc01)」をオープンしました。

この会員優先通販サービスでは日本では入手が難しい商品や稀に数十万のプレ値がつく商品も数量限定で定価販売しております。

この会員優先通販サービスは499名限定の会員サービスになります。この会員の方には定価で買えるチャンスを与えるだけではなく、ニューヨークの話題のお店の写真や動画をリアルタイムでシェアするだけではなく、Keiの日常の中で出てくる様々なニューヨーカーの友達や体験談をLineグループやインスタライブでシェアしています。
会員サービスの詳細はコチラ

これをきっかけにニューヨークを体験しに行こう
この会員優先通販サービスでは実質0円のニューヨーク買い付けツアーを定期的に開催しています。

買い付けツアー内容は実際に会員の方にニューヨークに来ていただき、Keiと一緒に日本でプレ値が付いているお店を周り、買い付けたものを日本で販売し、その利益で旅費等を賄うサービスです。第一回の買い付けツアーは2017/11のブラックフライデー付近に実施を予定しております。

詳細はコチラ

※この記事は2017/04/29に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。



TOP