MGNYC

流行のマネをするとダサいってことに気付いてる?

2017年もモアテンの年?洒落た人たちの履きこなしをマネして、洒落コーデしよう

2017年04月04日(火)


2016,2017年ともに人気のあったNike Uptempo(モアテン)でした。自分のフォロワーさんも今年も買うという人が多かったです。

ですが、日本人のモアテンを履いたコーディネートの多くが子供っぽく見えてしまったのは自分だけでしょうか?なぜそう見えるかというと日本人が元々若く見えることからカジュアルよりが似合う傾向があり、モアテンのようにインパクトが強いカジュアルなデザインなものをコーディネートの中に入れるのは実は非常に難しいです。

プチフォーマルにするためには「お洒落の引き算」を覚えないといけません。

モアテンはインパクトが強いからこそ引き算


「お洒落は足元から」と言われるように足元に視線が集まります。モアテンのようにインパクトの強いスニーカー(カジュアル)を履く際は「シルエット」と「色」の引き算をしましょう。

まず足元にインパクトの強いスニーカーを履くので、スニーカーの次に目線は上に上がるのでボトムスをフォーマルなスキニーパンツを選びましょう。また色も無系色の黒、グレー、白はどの色にも馴染み、トレンドに流されない便利な色ですが、大人っぽく見られたい場合は黒がいいでしょう。

黒は良くも悪くも圧倒的な強さを持っています。

ファッションにしても車や時計にしても黒というだけで高級感や雰囲気が出ますが、これは私たちが持つDNAに深く関係しています。色の話については「お洒落初心者は黒のスニーカーと白のスニーカーがあれば大人っぽいコーデが出来ます」で紹介していますので、そちらをチェックしてください。

もちろん、太いパンツや色が複数入ってるボトムスを合わせて上手く履きこなす人もいますが、お洒落初心者の方はまずは「フォーマル:カジュアル=7:3(プチフォーマル)」を意識してモアテンを履きこなしましょう!

では、実際にどうモアテンを履きこなせばいいのか紹介します!

黒のスキニーパンツと合わせる


モアテンを履いてるお洒落な人
まずは王道の黒のスキニーパンツと合わせたコーデです。

先ほども紹介した通りスキニーパンツを履くコーディネートをすることでフォーマルな印象を作ることができます。なので、シルエットでいうと「I」か「V」のシルエットになります。また写真のようにボトムスとスニーカーの色を合わせることで色の境目がなくなり、続きの色になり足が長く見える効果もあります。

大人っぽい雰囲気をスニーカーコーデで出すなら黒のスキニーパンツを絶対買おう

大人っぽい雰囲気をスニーカーコーデで出すなら黒のスキニーパンツを絶対買おう

関連記事を読む

お洒落初心者はIライン+αで攻めろ!Iライン、Aライン、Vラインの違いを紹介

お洒落初心者はIライン+αで攻めろ!Iライン、Aライン、Vラインの違いを紹介

関連記事を読む

また黒白は無系色なので、赤青黄のようにインパクトが強い色が複数入ると一気にカジュアルな印象が強くなります。プチフォーマルで使う色は白黒+1色です。



ロールアップはどうなの?


ロールアップにも大人らしさを出す効果があります。理由は「首・手首・足首」には人が色気を感じるくびれが存在し、この3箇所には視線が自然と集まりやすいので、この部分をフォーマル色を強くするだけで大人っぽいコーディネートをすることができます。

お洒落初心者はIライン+αで攻めろ!Iライン、Aライン、Vラインの違いを紹介

お洒落初心者は今すぐメモ!大人の色気を出すのは「首・手首・足首」の3首

関連記事を読む

日本人がショーツとモアテン合わせるとダサい?



日本人は胴長短足というのが特徴なので、もしショーツを履く時は膝が出るショーツをオススメします。

先ほども紹介した通り足首は視線が集まりやすい箇所の1つです。ですが、この肌が見える面積が中途半端な幅(ひざ下丈のショーツなど)の場合は逆に短足を強調します。なので、肌が見える面積が広ければ広いだけ脚長効果があるので膝が出るショーツを履きましょう。

ショーツでもシンプルに履きこなそう



kith好きなら誰もが知ってるRonnie Fiegさんも白のモアテンを履いています。彼のコーデの場合はモアテンの白が無系色の色なのでショーツを反対色の重めの色を持ってきています。また彼が使っている色もメインの色は3色(細かくいうと5色になりますが)です。

何度も言いますがプチフォーマルで使う色は白黒+1色です。

最後にモアテンを履く場合は「シルエット」と「色」に注意しましょう。これを意識するだけで大人っぽいコーデが簡単にできますよ。



※この記事は2017/04/04に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。



TOP