MGNYC

NYC在住の元バイヤーが運営するリアルな最新トレンドがわかるブログ

〆切:4/24 23:59 [インスタでオススメのスニーカーを紹介してスニーカークリーナーをGet]

LEVIS x JORDAN 4の日本の並びをTwiiterから見た感想

2018年01月24日(水)
100円クーポン配付中 【招待コード:8QgUGsML】


どうも、Kei(@gmnyc_k)です。

今日のお話は、


ソーホーのOFF Whiteのお兄さんも履いてる、


LEVIS x JORDAN 4の日本での並びに関するTwitter越しから見ていた短文の感想です。賛否両論ありますが、完全個人的意見になります。



まずは感想を言います!


とりあえず、グタグタ書いても意味ないので個人的な答えを「バイヤー側」「店側」に分けて紹介します。

バイヤー側の行動について



自分も彼らのように何時間も並んで結果買えない経験はある、2017/11にある、もっと具体的に言うならExtra Butterで経験した。

今回の騒いでる彼らが並びに対してちゃんと並んでたのか並んでなかったのか知らないけど、店側の手元にない又は今は売れないというなら「今すぐココで購入したい」彼らの目的を叶えることは現実的にできない。なら、彼らが出来る範囲内で「目的」を作り直す必要がある。


twitterの情報で申し訳ないけど、彼らの関係者がtwitterで購入したLEVIS x JORDAN 4を地面に叩きつけてた。なんで彼は並んだのだろうか?この投げられたLEVIS x JORDAN 4は転売されるのか?そんな投げつけたLEVIS x JORDAN 4を欲しい人はいるのだろうか?

転売もビジネスなんだから、社会的ルールは守った上で買い付けをしたほうがいいとアドバイスします。あと自分も初めて買い付けのトラブル巻き込まれた時は叫んだ覚えもありますので、今回叫んでしまった方は次回からご注意を。


ニューヨークのケースなので参考にならないかもしれないですが、自分が2017/11にExtra Butterに並んだ際は徹夜から並んで、開店と同時に並びがぐちゃぐちゃになって、結果いつの間にか前から3番が30番くらいになって、前にいた割り込んだ黒人と軽くもめる→マネージャーが出てくる→「OK,君たちのサイズをキープするからサイズ教えて」→サイズ教える→「レジにキープするね」と言って、名前とサイズを伝えて1時間ほど外で待機。
(この間も後ろからの割り込みやプッシュが激しかった)

いざ、入店してスタッフにレジに自分のスニーカーがキープされることを伝えると、

「え?そんなものないよ」

、、、おい、マネージャーだろ、さっきのやつ。


ここで自分、考えました。騒いでも無い物は無いし、彼らも「欲しい」という目的が叶えれないなら、他の叶えられる代案を提案するべきと判断して、この時は次回並びが出来る販売がある場合は優先的に販売してくれる契約書を書いてもらいまいした。この紙切れが効力を発揮するか別として、騒いで、ストレス発散して帰るよりも生産性はあるかと思います。

この時の目的は「会員さんに定価で喜んでもらえる商品を購入すること」だったので、別に次回の人気商品でも構いません。もなので、次回優先してくれる契約メモをもらったことで今回の並びの目的は達成されました。

目的を忘れるな、そして、現実を見ろ。

店舗側の行動について


次に店側の対応についてですが、やっぱり事前にこのようなトラブルが起こる可能性を十分に考えておくべきでしたね。なんでも「最悪のリスク」を考えて動いたほうがトラブルは起きにくいです。

店舗側はお客様に気持ちよく買っていただく最善の努力はしないといけないですね。



ですが、その後のお客様への対応は素晴らしいものだと思います。上から言うようで申し訳ないですが、この経験を次何か大きなコラボがある際にこの経験を活かして欲しいです。



. . . たいしたコメントじゃなくてすいません。


だって正直、平和だもん。


自分がバイヤーをメインでしてたのが2016年なのですが、その時でも喧嘩トラブルはよく目にしてましたし、上の動画は「ニューヨークのSupremeは事前に整理券を配布スタイルに2016年から変わりました」で紹介したSupremeの並びの順番を申し込む列なのですが、こんな乱闘何回見たか…なので、今回の叫んでる動画見ても平和にしか思えないです。

並びのルールを決めるためには店側に頑張ってもらいたい



こんな感じの簡単な感想文ですが、LEVIS原宿店には8000人が並んだらしいですが、正直異常です。

色々な人のツイートでも中国人や韓国人に関するツイートを目にするので海外に住んでる側として中国人や韓国人に関することを書きます。

まず金持ちが多い中国とファッショントレンドにうるさい韓国にはたくさんの欲しい人がいて、それを商売に転売する人がニューヨークにもたくさんいる。ってことは、日本に買い付けに来る中国人や韓国人もたくさんいる。それに中国も韓国もハングリー精神は日本人とは正直比べ物にならない。彼らは国が繋がっているし、今日を生きるために生きてる人を自分は深センの市場で自分の目で見たし、ニューヨークの中国人、韓国人コミュニティーを見ても彼らのハングリー精神はわかる。

結局「お金」に対しての考え方が違う国の人に対して、「あれはダメだ!」とか「それはルール違反だ!」と言っても理解はされない。

もちろんルールは必要だけどルールは大勢多数の意見が中心の「当たり前」で作られているように、そのルールに当てはまらず、はみ出して壊して、利益を得たいと思う人はたくさんいる。それが売り手の「価値」の要らない、人気ブランド(Supreme,Nikeなど)なら簡単に第三者に高値で売れる。しかも、母国に店がないブランドならなおさら高く売れる。

そりゃコピーを作るくらいだから、転売もするよね。

そろそろ、店側の人から、「なら、どうすればいいんだよ」と言われると思うので、SupremeとKithが実際に今やってる並びの方法を組み合わせた方法を紹介します。アナログ的ですが、個人的にはいいと思います。

1:並びの際はID定時で名前を先頭にいるスタッフに提示してリストに名前を入れてもらう。彼は前日の深夜から数時間に1回の割合で定期的に点呼確認にきています。

2:次にスタンプを数種類用意して、彼が点呼する際にスタンプを押します。

3:入店時に名前とスタンプを確認して入店させる。


正直8000人も来たら面倒な作業かもしれないですが、並びでトラブルが起こってるお店はLEVIS x JORDAN 4のような人気商品を本当に買いたい人に今後販売したいなら、一度このアドバイスを取り入れてみるのもいいと思います。
※うまく機能する保証はしません


今の時代ソーシャルメディアの力を理解しないまま使ってる人が多いですが、「まさか自分が」という人ほど拡散されています。そして、500円を払って雇っているっぽい彼は人材派遣の資格を持っているのでしょうか?資格を持ってない状態で給付を支払った並びは労働になるってことくらい説教するくらいならわかると思うんですが…

おい、ホームレス雇ってる奴も同じだぞ。

もし、ちゃんと税金を払って「仕事」として社会貢献してるなら、ごめん。



LEVIS x JORDAN 4の日本販売の状況を説明


やっと、日本でのLEVIS x JORDAN 4の販売状況の説明にたどり着きました。

LEVIS x JORDAN 4は日本でも発売されたのですが、正直ここまで人気が出るとは思っていませんでしたが、上のツイートを見てすぐにフォロワーさんで行かれてる方を調査。


並んでない人ばかりやん、自分のフォロワーさんw 忘れてる人も25%もいるしw


ですが、今回8000人が並んだと言われているリーバイス原宿店に並んでる人のツイートを見ると、、、荒れてる。


ちなみにこんな感じで並んでたみたいです。


LEVIS x JORDAN 4がどのようになっていたかは他の記事でもニュースになっているので、そちらを見てください。


なので、ニュース記事には載ってない、実際にLEVIS x JORDAN 4に行かれた方で被害に会われた方の体験談をDMで頂いたので紹介します。DMくれた方や、コメントくれた方、この場を借りてお礼を言います。ありがとうございます!

Kさんの体験談


実はkeiさんに頼んだbred履いていったらリーバイス買えたのでご連絡致しました。

リーバイスで怒鳴っていた奴は有名なバイヤーで、彼らは軍団です。
彼らは常に原宿などの並びにはいて有名な奴らです。

彼らの一部は原宿リーバイスとtokyo23にも並んでおり、tokyo23の整理券が配布された後にリーバイスにもいき、仲間のところにいって割り込み抽選しています。また、聞いた話ではバイヤー軍団の友達とかも3回抽選できたーとか言っていましたので、バイヤー軍団でやりたい放題だったそうです。

Mさんの体験談


リーバイスの件を記事にされると聞いて自分が並んで感じた感想や情報です。
まずは中国人の横入り、抽選の際に紙を5枚ほど取っている人もいましたが一切のスタッフからの注意ありませんでした。

また並びが500人ほどだと予想していたと情報がありましたが6時過ぎに到着した頃にはどこに列があるのかわからない状態で皆さん困惑しており、この段階で500人は優に超えていたと思います。この段階で人数が大幅に上回ることはリーバイス側は想像できたと思います。

並びについては、並びの管理が出来てなかったです。リーバイス側が慣れていないとは言え、1キロほど並んでいる列をわかりにくい黄色い紐(5メートル程)一本引いて、列を管理するのは明らかに無理だと彼らもわかっていたはずです。

私は並んでいて確かにリーバイス側にも多々行き届いていないところがあったと思いますが、並んでいる側にも問題はあったと思います。

長くなりましたが、これからもブログ等頑張ってください。

Sさんの体験談


突然のDM失礼します。リーバイスの件でコメントさせていただきました。

私の場合7:00〜8:30並びと事前に告知があったため、開始ぴったりに列に参加しましたが7時間待った後、目の前でくじが切れたので解散とのことでした。ルールを破って時間より前に列を作ったひとがくじを引けて、ルールに従った人はくじすら引けず、「正直者が馬鹿を見る」ってまさにこのことだなと思いました。

中国人の割り込みもあちらこちらで行われてました。隣にいた人が注意してくれたものの、「日本語わからない」の一点張りでした。

なにかお役に立てれば光栄です。

Rさんの体験談


リーバイスの並びは7時から開始なのですが、7時前には500人ほどの並びがいて、店側はその並びを解散させなかったです。

また、抽選する寸前で高校生ぐらいの5.6人が横入りを何回も繰り返し、僕の目の前にも何事もないようにケータイをいじりながら入ってきました。僕は、「え、何々?」と言ったら奴らは抜けました。



本当に買いたい人が買いにくい時代なう


転売をする人は今から更に増えてると思っている。理由は簡単で「自分の価値がなくてもブランドの価値があれば簡単にお金が稼げる」から。

だから、どうしても欲しいなら経験したことをブログに書いて、この「価値」を拡散して次に繋げればいいのではないかな?この記事を読んでるあなたの自分が一瞬でも記事を読んでる間、繋がるようにあなたも経験をシェアすれば繋がりが生まれるかもしれない。それが結果「お金」という価値に変わって、あなたの手元に返ってきてプレ値で買えるかもしれない。

大丈夫、無理じゃない。自分は経験を価値に変えて、人生ニューヨークで楽しんでるから。


100円クーポン配付中 【招待コード:8QgUGsML】

※この記事は2018/01/24に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。


あなたの経験をシェアしませんか?

このブログで紹介している記事で追記で紹介してほしい情報がある場合はお気軽にTwitterからDMください!内容確認後に返信させていただきます。あなたの経験が誰かの為になるようにわかりやすく紹介します。

Add friend


自己紹介

ブロガー

ニューヨーク在住のバイヤー→オンラインファッショントレンドマーケッター。運営ブログ合計【22万PV/月】ファッショントレンドブログ&会員サービス「KUTSUHIMO」運営中($10/月額)
サッとKeiがどんな人がイラストで紹介中


6ヶ月のゴールド会員になると特典が盛り沢山

この会員サービスは2017年11月からスタートした「共通の趣味(ファッション、スニーカー)を持つ、価値観が合う人と繋げて、海外に行くきっかけを作るコミュニティーサービス」です。(月額$10/最大499名限定)

このコミュニティーサービスでは毎日Lineグループにて、最新新作情報やSupremeの並び&人気情報がいち早く手に入れることができます。またニューヨークのKithやNikeなど人気店舗の写真やニューヨークのKeiの生活風景の写真や動画をシェアしていますので、SNSでは手に入らないニューヨーク情報を楽しんでください。

また、この会員サービスでは「人との繋がり」を大切にしています。

サービスを開始して間もないですが、意気投合して会員同士で一緒に並びに行ったり、会員同士で一緒にビジネスを始めた方もいますし、ニューヨークに遊びに来た人も!

他にも色々特典がありますので、詳しい会員詳細は公式サイトで確認ください。 会員待機組追加
(Lineで通知/スマホのみ)

>> 会員サービスの詳細はコチラ <<



インスタ企画!「#マイスニトレンド」

ハッシュタグを使って、クリーナープレゼント企画実施中!詳細はコチラをクリック!

新しい"とれんど"の教科書目次

このブログでは初心者でも海外オンライン通販サイト攻略法20-30代のファッショントレンドブランドのスニーカーとアパレル商品をtwitterのアンケート機能を使った商品紹介の2つをメインに紹介しています。それ以外にもニューヨークの危険な並びの記事などを「有料コンテンツ一覧」で販売していますので、興味ある方はどうぞ。またスニーカー好きのための有料コミュニティーサービス「新しい"とれんど"研究所」($10/月)も運営中です。

TOP