MGNYC

海外バイヤーが仕入れる人気商品のトレンド調査ブログ

アップルスタッフにApple Watchからスイカやラインなど生活必需アプリを便利に使う方法を聞いてみた

2018年05月01日(火)
100円クーポン配付中 【招待コード:8QgUGsML】


※2018/5/1 修理したApple Watchが戻ってきました

どうも、Kei(@gmnyc_k)です。

アップル信者って世の中にいますが、自分は10年以上アップルにお金を払っているアップル信者です。

自分がどれくらいのアップル信者かというと2007年に初めてiPod touchを買って、同じくらいに初期の白色のMac Bookも買いました。どの商品も今まで見たことない商品でしたが、2009年に多くの人の人生を大きく変えたプロダクトが、


iPhoneです。

当時は音楽はCDをカセットテープやMDに入れて持ち運ぶのが一般的でしたが、iPodの登場で今では一般化してる音楽のデータファイル「MP3ファイル」と携帯電話の電話機能が一体化した「iPhone」の登場は衝撃でした。ですが、それと同じくらい衝撃なアップル商品を最近見つけました。


Apple Watchです。

Apple Watchが発売されたのが2015年に発売されたのですが、当時は正直Apple Watchの良さがわからなかったので特に興味はありませんでしたが、今回の一時期帰国で第六感が「今Apple Watchを買え!」と言って来たので…


Apple Watchの知識なしで買っちゃいました!


この記事ではApple Watchを購入して、「Apple Watch最高に便利だわ…ライフスタイルが大きく変わる」と確信したので、なぜApple Watchを買っただけで人生が変わると思った5つのポイントを紹介します。

  • 1:スイカやクレジットカード登録が簡単
  • 2:SNSの確認や返信が楽に出来る
  • 3:睡眠や呼吸などの管理が簡単
  • 4:Apple Watchのアラーム設定はほぼ100%起きることが出来る
  • 5:iPhoneで選択してる音楽の操作もApple Watchから可能

では、順番にそれぞれのApple Watchを買って良かったことを紹介したいと思いますが、その前に購入後に知ったApple Watchの基礎知識を紹介します。



Apple WatchとiPhoneはBluetoothを使って連動する


「Apple Watchで使えるアプリってどうやって追加や削除をするの?」

Apple Watch初心者の自分が初めにスタッフに伺ったことです。この答えは簡単でiPhoneのアプリストアから「Apple Watch」のアプリをダウンロードして、購入したApple Watchと手元にあるiPhoneをBluetoothベアリングして、iPhoneの中にダウンロードした「Apple Watch」のアプリからApple Watch内のアプリを追加や削除することが出来ます。


iPhoneにダウロードした「Apple Watch」のアプリを開けるとApple Watchに関する色々な設定が出来ます。文字の大きさや明るさなどはもちろん、Apple Payで使えるクレジットカードの登録や今から紹介する「Suica(スイカ)」の登録なども「WalletとApple Pay」の項目から登録が出来ます。

また、Apple Watchに対応しているアプリはアプリ名の横に「インストール」という項目がある場合はApple Watch内に登録できるアプリです。もし既にApple Watch内インストールされてしまっているアプリを削除するときは該当するアプリ名をクリックして「AppをApple Watchで表示」にチェックが入っているのでチェックを外しましょう。

では、先ほど紹介した「Apple Watchを買って良かった」リストを順に紹介します。



スイカやクレジットカード登録が簡単


=「Suica(スイカ)」のiPhoneアプリのダウンロードはコチラ

日本に一時帰国して一番初めに困ったのが地下鉄の切符を購入するのにクレジットカードが使えないことでした。

なので、毎回銀行によって日本円を引き出したりしないといけなかったのですが、数年前から地下鉄の切符やコンビニなどで使える交通系ICカード「Suica(スイカ)」「Manaca(マナカ)」「ICOCA(イコカ)」など色々ありますが、「Suica(スイカ)」は交通系ICカードの中でも利用できるエリアが全国に広がっている交通系ICカードで、「Suica(スイカ)」だけ持っていればある程度の交通機関を利用できるのですが、


「Suica(スイカ)」のiPhoneアプリケーションをダウンロードすることで、Apple Watch内でも使うことができます!

=「Suica(スイカ)」のアプリのダウンロードはコチラ

「Suica(スイカ)」をApple Watchで利用する際に便利な点を3つ紹介します。

  • 1:Apple Watchをかざすだけで利用可能
  • 2:iPhoneから簡単に設定出来る
  • 3:クレジットカードの登録をすれば簡単にチャージが出来る

先ほど紹介した通りiPhone内にある「Apple Watch」のアプリの「WalletとApple Pay」の項目から登録が出来ます。後は先ほどダウンロードした「Suica(スイカ)」のアプリ内でクレジットカードの設定まですれば「Suica(スイカ)」のチャージも出来ますし、新幹線のチケット購入なども出来ます。

Apple Watchに「Suica(スイカ)」のアプリを入れた感想


正直毎回電車を乗り降りするたびに「Suica(スイカ)」専用のチャージ機に並んでチャージするのが嫌だったのですが、Apple Watchを購入したことで地下鉄などの「Suica(スイカ)」が使える交通機関やコンビニで軽く買い物をする際にサッとストレスなく使うことができるようになりました。

クレジットカードが当たり前のアメリカとは違い、地下鉄のチケット1枚買うのにも現金でしか購入できない日本でApple Watchに「Suica(スイカ)」のアプリを入れるだけでココまで楽にる交通機関やコンビニで使えるのにはビックリしました。



SNSの確認や返信がApple Watchから楽に出来る


次にApple Watchを購入して「Apple Watch便利だな〜」と思ったのがLineやtwitter、instagramなどのソーシャルメディアアプリケーションの確認や返信が簡単にできることです。

今回はLineとtwitterをApple Watchからチェックした場合の紹介をします。

Apple WatchからLineを確認、返信する場合


Lineが届くとApple Watchに通知が届きます。過去にやり取りをしているグループや会話の場合で上手く読み込まない場合は「もっと見る」をクリックすると新着の通知を読み込めます。


既にApple WatchのLineアプリに初めから設定されている定型文を使う場合は表示されている提携文をクリックするだけで返信が出来ますし、


「もっと見る」の下にある3つの項目は左から「スタンプ」、真ん中が「音声送信」、右が「音声から文字を起こす」機能になります。特に一番右にある「音声から文字を起こす」機能を初めて使った時に声に出して言ったことがほぼ完璧に文字起こし出来ていることにはビックリしました。

Apple Watchからtwitterを確認、返信する場合


自分がApple Watchでtwitterをする際は「tweetbot」のアプリを使ってtwitterを管理しています。色々なApple Watch対応のtwitterアプリを使いましたが、「tweetbot」が一番良かったです。

=「tweetbot」のアプリのダウンロードはコチラ

Apple Watch上で「tweetbot」を使う場合はまずiPhoneのアプリショップから「tweetbot」をダウンロードして、冒頭に紹介したiPhone内にある「Apple Watch」のアプリからダウンロードした「tweetbot」をインストールしましょう。ログインアカウントはiPhoneにある「tweetbot」にログインしているアカウント情報が表示されます。


「tweetbot」のアプリを立ち上げると「いいね」「RT」「コメント」などの通知や返信などもLine同様の「音声から文字を起こす」機能で返信が出来ます。また誰が自分のツイートに反応したかも簡単にチェック出来ます。

また、フォローしてない人のコメントや引用RTもiPhoneからではチェックするのが面倒くさくてもApple Watchからなら簡単に確認が出来るのも良いです。



睡眠や呼吸などの管理がApple Watchなら簡単に出来る


睡眠の質が毎日のライフスタイルを決めると言っても過言ではないですが、実際に睡眠管理をするのって本当に大変。


自分の場合は毎朝4-5時に起きる習慣をつけているので、朝早く起きるだけあって昼寝や寝る時間の管理には注意しています。睡眠の質が悪いと仕事中に眠くなったり、集中力が持たなかったりとライフスタイルに大きく影響しますが、そんな時にオススメなのがApple Watchで睡眠管理が出来る「Auto Sleep」です。

=「Auto Sleep」のアプリのダウンロードはコチラ

「Auto Sleep」のアプリをApple Watch上で立ち上げると上の画像では見えにくいですが、丸のボタンの中に「消灯」という項目があります。このボタンを押して寝るだけで、

  • 1:睡眠時間
  • 2:良質な睡眠
  • 3:心拍数
  • 4:深い睡眠
  • 5:目覚めた状態

の上記5つの情報が自動的にApple Watchアプリ内で確認することが出来ます。


また最近ライフスタイル向上を目指して「禅」をやっているのですが、その際に「呼吸」を深くするサポートアプリとして「呼吸」というアプリが初めからインストールされています。


深呼吸を毎日意識してするだけでライフスタイルは大きく変化するのは有名な話なので、是非この機会にチャレンジしてみてください。



Apple Watchのアラーム設定はほぼ100%起きることが出来る


Apple Watchを購入する前からiPhoneの「アラーム」アプリを使って起きていましたが、iPhoneの「アラーム」アプリを使ってアラームを設定すると起床後に無駄にiPhone内のアプリを使ってネットサーフィンをしてしまうことがあり、せっかく早く起きても無駄に時間をベットの中で過ごすこともよくありました。

ですが、Apple Watchに変えて無駄にベットの中で無駄な時間を過ごすことが無くなりました。

Apple Watch内の「アラーム」のアプリからアラーム設定をした場合の3つのメリットとしては、

  • 1:設定時間に手首に振動が来るためほぼ100%起きる
  • 2:iPhoneをベットから遠ざけることが出来る
  • 3:睡眠管理や健康管理に必要なデータが簡単に取れる


起床時間になると「アラーム」アプリ内で設定した時間にiPhoneのアラーム設定と違い、手首に直接当たっているApple Watchのアラーム機能は振動で起こしてくれます。

また、iPhoneをベットから遠ざけることで体を起こすきっかけにもなりますし、先ほど紹介した睡眠管理や健康管理のアプリに必要な情報データ収集にも役立つこともあります。



iPhoneで選択してる音楽の操作もApple Watchから可能


最後にiPhoneで聞いてる音楽をApple Watch内で操作する方法を紹介します。

iPhoneで聞いている音楽や音声データはApple Watchでは上の写真のように表示されます。Apple Watch側で出来る操作は3つあります。

  • 1:曲の再生・停止
  • 2:流れている曲のスキップ・バック
  • 3:音量調整

今までジムに行く際にはiPhoneを出して曲を変えたり、止めたりしていましたがApple Watchがあればそれらの作業は一瞬で終わります。ジムやスポーツはもちろん、通勤時などにもApple Watchがあれば無駄にiPhoneを出す必要も無くなります。



Apple Watchを購入して得られた「価値」


Apple Watchを購入して1週間ちょっとしか経っていませんが、ここまでApple Watchを使いこなせている理由は…

担当してくれたアップルスタッフのヨビ君がApple Watchの便利な点を色々教えてくれたからです!

ヨビ君もApple Watchを自分用に持っていることもあり、Apple Watchがどれだけ便利なのが1時間近く話してくれました。なので、実は今日紹介した内容はヨビ君が自分に教えてくれたApple Watchの便利な使い方なんです(笑)

アップルスタッフがオススメするApple Watchの使い方なので間違いはないでしょう!


そして、1時間も話せば仲良くなって、友達になりました。


自分は自分の人生は「スキル」ではなく、「人との出会い」で大きく変わることが出来ると確信を持って言える経験がたくさんあります。まさかApple Watchを買いに行ったことがきっかけで友達になることも面白いし、ヨビ君も4ヶ国語話せるグローバルな人だからこそ、また世界のどこかで会えたら最高に面白いと思います。

ってことで、この記事を読んでApple Watchに興味を持った方は以下から購入をどうぞ。


Apple Watchは間違いなく自分のライフスタイルを大きく変えたと言い切れる最高のデジタル時計です。




(追記)Apple Watchの液晶画面割れる


記事を公開して9時間後に落として割りました(笑)


ネタのように聞こえるかもしれないですが、なぜニューヨークでもなければ、日本でもない、セブ島で落として割るとか…ネタだろう!

ってことで、ニューヨークに戻ったら修理します。そして、その修理内容も記事にします。

.

.

.

Apple Watch持ってる人はカバー付けとけ。



それにしても仲間っていいね…



(追記)日本で買ったApple Watchをニューヨークで修理に出す


ニューヨークに到着してすぐにApple Watchの修理に行きました。

実はアップルスタッフのヨビざんと壊れた長後に連絡した際に「自分ってAppleCare入ってましたっけ?」と確認したところ「多分入ってるはず!」とお互い曖昧な記憶力(笑)だけど、もしAppleCare入ってなかったら修理代は350ドルほどかかるとネットで買いてあったので正直ビクビクしてました。買って2週間経ってないのに350ドルの出費はデカイ。

しかも、ヨビさんの話だと日本で買ったApple商品はアメリカとカナダは対応国と聞いていまのでAppleCareに入ってるのを祈るしかない。結果は…


AppleCare入ってたー!助かったー!350ドルの修理費が69ドルでなんとかなりました!AppleCareさま、ありがとうございます。無事日本で購入したApple Watchは安価で手元に戻ってきそうです。今からApple Watchの購入考えている方は保護フィルムも一緒に買いましょう。自分も修理から戻ったら買います。

無事Apple Watchが戻ってきました


先日修理に出したApple Watchが戻ってきました!

日本でAppleCareに入っていたので修理費が69ドルで修理できました。セブ島で落として割った時には買って数週間なこともあり、辛い気持ちでいっぱいでしたが、無事新品で戻ってきて一安心!


もちろんApple Watch用のカバーも保護シールも買いました!

Apple Watch購入を検討してる人は必ずセットで買いましょう!Apple Watchを購入してすぐに割った男がいうんだから間違い無いですよ。



最後にこの記事が参考になったら以下のツイートをRTしてください!ご協力お願いいたします。



100円クーポン配付中 【招待コード:8QgUGsML】

※この記事は2018/05/01に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

自己紹介

海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー

元スニーカーバイヤー→NYC在住の海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー。海外バイヤーが仕入れる人気商品のトレンドを調査するブログを含め合計【26万PV/月】の運営者&会員サービス「KUTSUHIMO」運営中($10/月額)。毎年会員さんと日本国内でご飯会したり、海外に一緒に旅行に行ったりして遊んでいます。


新しい"とれんど"の教科書とは?

このブログでは海外に買い付けしてるバイヤーが仕入れるトレンドの商品の新着情報だけでなくTwitterのアンケート機能を使った人気情報と一部人気商品は転売価格も記載しています。また、ニューヨークで買い付けしたいと考えている個人バイヤーの人のためにバイヤー時代に経験したことをシェアしています。またニューヨークの人気ショップやニューヨーク生活、会員限定の経験記事を有料コミュニティーサービス「Kutsuhimo」($10/月)の会員限定でシェアしています。

TOP