MGNYC

海外バイヤーが仕入れる人気商品のトレンド調査ブログ

1ヶ月30冊読んでた自分が「人生を変えた本はなんですか?」の質問に5冊教えます

2018年02月25日(日)
100円クーポン配付中 【招待コード:8QgUGsML】


どうも、元海外バイヤーのKei(@gmnyc_k)です。

突然ですが、皆さん。最近本を読んでいますか?

学生の特権が「時間があること」とはよく言われるますが、確かに周りの社会人を見ると「本を読む時間」すらも作れないロボットのような社会人が多いですが、自分よりも人として経験値が高い方々の人生の話ほど社会人になってから聞かないといけないです。そして、その得た情報を無駄にしず、自分自身の経験につながる行動に活かさないと読むだけ無駄です。

特に人生を変えたいと思っている「定番の自己啓発の本を読んで本質も理解しないで、感化されて満足する自己完結人間」と「本をインテリアのように飾るだけで読まない積み本マニア」の人に、


20代後半に毎月30冊を読んたKeiの人生を変えた本当にあなたに必要な本を実際に読んだ中から5冊の本を紹介します。

  • 1:自分の小さな「箱」から脱出する方法
  • 2:覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰
  • 3:履歴書無用 どん底と成功のサバイバル物語
  • 4:エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
  • 5:僕の死に方

実際に本を読んでいた当時のFacebookの投稿画面と一緒に紹介します。
※ちなみにこの本を読んでた頃は22歳の頃です。

自分の小さな「箱」から脱出する方法がオススメの理由


➡︎[Amazon]自分の小さな「箱」から脱出する方法 / 1,728円

20代前半は特にやりたいことはなくて、周りはボーナスで何か買ったとか結婚などの話とかをSNSから聞くようになり「自分も何かそろそろ変わらないと」と思っていた矢先に新しく働く会社に入社する際に「自分の小さな箱を脱出するセミナー」というセミナーに強制参加させらることになりました。

この時点でわかる通り、セミナータイトルはかなり怪しい。

だけど、その会社で働く以上はセミナーに出席は必須なので「2日間会社をサボって給料もらえるなら行くか」程度の気持ちで酒席しましたが、そしたらなんですか!人生変わっちゃいましたよ!

このセミナーがベースになっている書籍「自分の小さな「箱」から脱出する方法」に書いてある内容は自己欺瞞の話です。

じこ‐ぎまん【自己欺×瞞】 自分で自分の心をあざむくこと。 自分の良心や本心に反しているのを知りながら、それを自分に対して無理に正当化すること。https://kotobank.jp/

例えば彼女と同棲していて、疲れて深夜に帰宅することになったのですが、同棲してる彼女が疲れていると思ってコンビニに寄ってプリンを買って家に帰ってきたら、彼女は居間で寝っ転がってテレビをボーと見ていて、周りを見ると掃除や洗濯には一切手をつけていない散らかりよう。この時多くの人は「なんで俺はこんなに疲れて帰ってきて、お前のことを思ってプリンまで買ってきたのに、お前はなんでゴロゴロ寝てるんだ!俺が稼いでいるんだぞ!」という行動をとります。

自分も含めて多くの人が自分の箱に入って、自分は守って、相手を批判する「箱に入る」行動を毎日しています。

これは生活をしているだけで毎日箱に入る?入らない?の問いと出会い、その時に多くの人は無意識に箱に入って、他人を批判して、自分を肯定します。もちろん、そんな他人に嫌われる行為はしたくなくても自分は気づいてないかもしれないですが、あなた以外の他の人はあなたが嫌われる項をしていることに全員気付いています。

なので、「自分自身が箱に入っていることを認識すること」と「そこから一瞬でも脱出する方法を知っていること」が大切で、その方法が載っているのが「自分の小さな「箱」から脱出する方法」です。何冊か出てていますが、この緑の本が初心者編になります。

自分はこの本は100回以上読み込んでいますが、それくらい時間を使っても覚えたほうがいい、大切な考え方だと自分は思います。もちろんですが、自分はこの本が自分の人生に影響を与えたのはいうまでもありません。

➡︎[Amazon]自分の小さな「箱」から脱出する方法 / 1,728円

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰がオススメな理由


➡︎[Amazon]覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 / 1,620円

20代前半も後半も自分の力でなんとか生きていこうと必死だったので、月に30冊本を読んで、何か今の人生の打開策も考えたし、新しいことにもたくさん挑戦した。だけど、それらを継続してやり続けるためにはモチベーションはかなり大切になるが、人は惰性的な生き物なのでモチベーションをキープするのは本当に難しい。

そんな時にオススメなのが吉田松陰先生の「覚悟の磨き方」。

この本は幕末を熱く駆け抜けた天才思想家・吉田松陰が残した176の言葉が紹介されているのですが、どの言葉を聞いても「こんなことで悩んでいてもしょうがない!怠けたいと思っている自分に負けてはいけない」と思わされる言葉ばかりです。

特に自分が好きなのがこの3つ。

誠。この一文字をよく味わってみてください。何度でも心に刻んでください。私欲を捨てて、誠に生きましょう。年齢とは関係ありません。その覚悟ができた瞬間から、ようやく本当の人生がはじまるのですから。


自分にとっての利益。これをなるべく増やそう、残そうとすればするほど、判断基準がぶれ、迷いが生まれます。反対に、自分の利益さえ一番後回しにできるなら、やろうがやるまがいが、どれを選ぼうとも物事は気持ち良く進んでいくものなのです。自分のことを考えると、かえって自分のためになりません。


ご存じの通り、すべての人の心には善と悪が同居していて、その心がいいことも、悪いこともさせます。では”性善”というのはどんなものかと言えば、それは万人に生まれつき備わっているものですが、やむにやまれず「いいことをしたい!」と思ったとき、そうさせる心、それが”性善”に間違いありません。ですが間髪入れず湧き上がる「名声が欲しいから」とか「得をしたいから」といった欲望が、「善」を邪魔してしまいます。こういった欲望は、「善」を頭で考えるから、生まれてしまうのです。この頭から生まれるものを、相手にさえしなければ、正義は実行できます。頭のために、心をすり減らすほど愚かなことはありません。頭は心を満たすものに使うものです。「心から満足できる行い」にもっと敏感になりましょう。

他にも心に響く言葉がたくさんあります。


もちろん聞いて自己満足ではいけません、その言葉の意味を考えて、行動しないとダメです。自分は今でも本を音読するアプリ「Febe」で「覚悟の磨き方」を購入して、モチベーションが落ちかけた時は今でも聞いています。

行動を起こすにはモチベーションは大切です。

➡︎[Amazon]覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 / 1,620円

履歴書無用 どん底と成功のサバイバル物語がオススメな理由


➡︎[Amazon]履歴書無用 どん底と成功のサバイバル物語 / 1,512円

「ぬるま湯で生きていたら、サバイバル能力はゼロになる。」

この岡崎太郎さんの本を初めて読んで、まず感じた感想です。社会人の多くが世間が引いたレールの上を走るけど、それは誰も保証してないレールなのに、あたかも100%安全なように走っている。これが、ぬるま湯に浸かるということ。

どんなレールを走ろうが、安全なんてレールは一つもないんです。

この本の中にも、

自分以外の何かに頼ってい生きて安心できると思ったら大間違い。チャレンジせず緩やかに落ちていくより、パッと散る生き方の方が、何の根拠もないが二回戦がある気がする。迷った時は、シンプルに考えれば結論がでる。

と書かれていますが、その通りで一度惰性した人はずっと気づかないかもしれないですが惰性し続けます。そんなんじゃ1度きりの人生面白くないよ、もっと人生を大切にしないと、あなたの人生を。


ちなみに自分が太郎さんと出会ったのは別の本ですが、読んだ後すぐに彼をFacebookで見つけて緊張しながらメッセージをしたのを今でも覚えています。なんでも自分が思ったことを行動に移さないといけないのは「自分の小さな「箱」から脱出する方法」の本で学んでいたので簡単でした。


その後もすぐに彼がパソコン関係で悩んでいたので、すぐに調べて彼にDMしたことがきっかけで、今では一時帰国時にお酒をご一緒していただける人生の大先輩として色々毎回ありがたいアドバイスをいただいています。

今改めてDM読み直しても、「本当にこんな簡単なきっかけで出会いって生まれるんだ」と思います。

➡︎[Amazon]履歴書無用 どん底と成功のサバイバル物語 / 1,512円

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にするがオススメな理由


➡︎[Amazon]エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする / 1,728円

自分の20代はなんでもチャレンジをした20代だったけど、本当に無駄が多かった。

20代は将来のこととか考えてなかったし、別にいまが楽しければいいという考えだけで生きてきたけど、30代に入ると「自分ってもう30代なんだな」と感じる瞬間も多く、それから「時間というものは誰もが平等にある貴重な価値」なことに気付き、29歳で離婚する時に全てを失って、「30代、24時間しかない時間の中でどうシンプルに生きる?」と考えた結果、今に至ります。

社会人になると色々な壁(他人との比較、お金の問題、家族の問題など)で「大事なことだけにフォーカスする」生き方を見失っている人が多いです。そんな人は頭の中がぐちゃぐちゃで何やっていいかわかってないだけです。

騙されたと思って、この本を読んでください。

➡︎[Amazon]エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする / 1,728円

僕の死に方


➡︎[Amazon]僕の死に方 / 1,404円

最後は「死」についてです。皆さんは死にかけた経験がないかもしれないですが、


僕はあります。トラックと事故って顔面骨折8箇所する全身麻酔9時間半の手術経験者です。

その時の話は「普通の人が経験しないようなジェットコースターみたいな人生だったので紹介します(前編)」でかいてますので割愛しますが、「死」を近くに感じた経験のある人は、本来当たり前に思っていることが当たり前じゃないことに気付きます。

普通の人が経験しないようなジェットコースターみたいな人生だったので紹介します(前編)

関連記事を読む



この本の著者であるホンマでっか!?TVなどに出演していた金子哲雄が亡くなる直前まで書かれていた「自分の死に方」の本は彼が死と向き合った時の体験の話など紹介されており、「死とは何か」「生きるとは何か」を深く考えさせられる内容でした。

「人は順番に必ず死んでいく、私も」

24歳の時に父親の母親が無くなった時に母親が言った一言です。「母さんが死ぬ?そんなわけない。さっきもLineしたし」と多くの人が思うと思いますが違います、誰も死ぬタイミングなんて知りません。

一度この本を読んで「死とは何か?」を考えるのもいいと思います。

➡︎[Amazon]僕の死に方 / 1,404円

色々本を読んで自分が思ったこと


「自分の小さな「箱」から脱出する方法」と出会うまでは他人の目を気にしながら生きていたことを認めざるおえなかったが、その認めることも大切なこと。人生は学びから初めて新しい価値が生まれます。100人いれば100人の考えがある中で生きているのだから、あなたの考え方が違って当たり前だし、他の人のいい部分は学べばいい。

ただそれだけで年齢関係なしに人生の考え方が変わると思いますよ。



100円クーポン配付中 【招待コード:8QgUGsML】

※この記事は2018/02/25に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

自己紹介

海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー

元スニーカーバイヤー→NYC在住の海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー。海外バイヤーが仕入れる人気商品のトレンドを調査するブログを含め合計【26万PV/月】の運営者&会員サービス「KUTSUHIMO」運営中($10/月額)。毎年会員さんと日本国内でご飯会したり、海外に一緒に旅行に行ったりして遊んでいます。

サッとKeiがどんな人がイラストで紹介中


新しい"とれんど"の教科書とは?

このブログでは海外に買い付けしてるバイヤーが仕入れるトレンドの商品の新着情報だけでなくTwitterのアンケート機能を使った人気情報と一部人気商品は転売価格も記載しています。また、ニューヨークで買い付けしたいと考えている個人バイヤーの人のためにバイヤー時代に経験したことをシェアしています。またニューヨークの人気ショップやニューヨーク生活、会員限定の経験記事を有料コミュニティーサービス「Kutsuhimo」($10/月)の会員限定でシェアしています。

TOP