MGNYC

ニューヨーク在住の個人バイヤーブログ「ニューヨーク買付市場」

コロナウイルスによるバイヤー業一時停止のお知らせ

詳細はコチラ

イタリアにハイブランドの買い付けに行った話(ミラノ/フィレンツェ/ローマ編)

2020年01月16日(木)

どうも、ニューヨーク在住のバイヤーのKei(@gmnyc_k)です。

2020年1発目の海外はイタリアでした!何をしにイタリアに行ったかというと…ハイブランドの「買い付け」です。

元々ニューヨークでバイヤーをやっていた経験から海外バイヤーになりたい人向けに2018年から「ニューヨークバイヤー体験アテンドツアー」を始めて、多くのバイヤー希望者の人がこのアテンドに参加してくれました。そして、アテンドに参加してくれた一部の人は今も続けてバイヤー業をしています。

(関連記事:ニューヨークバイヤー体験アテンドツアー)

その中で2019年にニューヨークでアテンドしたZukkiさんが今回自分が一時帰国をしているタイミングでイタリアにハイブランドの買い付けをしに行きたいから現地で英語のサポートをしてほしいとお願いをされ、2019年11月にイタリアに旅行に行った時にハイブランドの店舗の調査をしていたこともあり、立地も少し知っていることもあったのでアテンドを引き受けてイタリアに行くことにしました。

「イタリアで買い付けっていくらくらい必要なの?」

と気になる人も多いと思うので、初めにいくらくらい買い付け費用に使ったかと言うと…

イタリアでハイブランドを買い付けした商品の写真
ザッと合計170万くらい使いました。

さすがハイブランドの買い付けですね…ニューヨークと金額違いますわ…

この記事では今からイタリアに買い付けに行く人に向けて参考になるように僕がどんな1週間のイタリア(ミラノ/フィレンツェ/ローマ)買い付けをしたのか紹介します。

また、もし今からイタリアに買い付けに行く予定の人は「イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します」の記事で買い付けした詳細を公開していますので、チェックしてください。

(関連記事:イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します←後日公開予定)

目次[隠す]




イタリアでハイブランドの買い付けをしているところの写真
元々彼女はBuymaでストリートブランドの商品を中心に販売をしおり、「オンラインで買うよりも、現地で買い付けたほうがいい」という理由でニューヨークに2019年に買い付けに来ました。だけど、時代の変化からストリートブランド自体が数年前よりも売れにくくなり、「何か新しい風を入れたい」と言うことで、それなら買い付け費用は大きくなるけど、その分利益も大きくなるハイブランドの買い付けにトライしてみようという流れから今回行くことになりました。

彼女は元々ハイブランドは好きで興味はあったけど、一体どれくらい予算が必要なのかもわからないし、英語でもない言語の場所&土地勘もない場所で生活するだけでも疲れるのに、これに買い付け時のコミュニケーションや足場の悪い場所でショップバックを大量に持ってショップを巡る辛さなどを考えると一歩踏み出すのは難しいかったと言うのが本音です。

そんな時に自分が「32歳、母さんと2人で行ったイタリア旅行」の記事でイタリアに行ってることを知り、「Keiさん一緒にイタリア買い付け行ってくれませんか?」と言われ、自分もヨーロッパ買い付けに興味があったので良い機会だと思い、イタリアで現役で買い付けしている日本人バイヤーさんと連絡を取り、ミラノ、フィレンツェ、ローマの3箇所で買い付けをすることにしました。

(関連記事:32歳、母さんと2人で行ったイタリア旅行)

今回主に買い付けではミラノとローマはハイブランドのショップが固まっているエリア、そして、フィレンツェは買い付けでよく使われるアウトレットモールに行きました。これについては後半で書いてます。また、イタリアでは毎年1月の1週目の週末からはビックセールが開催されており、ハイブランド含む様々なブランドが一斉セールを開催しており、かなりお買い得な値段でヨーロッパブランドを買うことが出来ます。では、実際にイタリアの買い付けがどんな感じだったか紹介します。

もし今からイタリアに買い付けに行く予定の人は「イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します」の記事で買い付けした詳細を公開していますので、チェックしてください。

(関連記事:イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します←後日公開予定)

目次へ戻る




イタリアのフィレンツェにあるグッチの店舗の写真
今回イタリア(ミラノ/フィレンツェ/ローマ)で買い付けしたハイブランドは以下です。

  • 1:Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)
  • 2:PRADA(プラダ)
  • 3:GIVENCHY(ジバンシィー)
  • 4:CELINE(セリーヌ)
  • 5:Dolce&Gabbana(ドルガバ)
  • 6:STONE ISLAND(ストーンアイランド)
  • 7:RIMOWA(リモワ)
  • 8:Maison Margiela(メゾン マルジェラ)
※一部抜粋

今回はセール時期に行ったこともあり店舗によっては在庫がセール初日で掃けてしまって残ってない店舗も結構ありました。また、ミラノには元々行く予定はなかったのですが、ミラノにしかショップがないブランドがあったり、店舗で在庫を調べてもらって「他店舗にある」って言われたから行ったのに在庫がないとか色々なトラブルがありました。

また、これも考えれば当たり前なのですがハイブランドによっては購入できる個数制限があり、大量に購入するはずだったものが購入できなかったり、買い付けが終盤になればなるだけ売れなそうなセール品しか残ってなかったりと買い付けは想像以上に大変でした。

ですが、悪いことだけではなく、色々走り回ったこともあって日本でも売筋の商品やお得なセール品も色々買えたので結果良い買い付けでした!

もっと具体的にどんな売筋の商品を買い付けたのか知りたい方は「イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します」の有料noteで書いてるので、そちらの記事を読んでください。

(関連記事:イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します←後日公開予定)

目次へ戻る





今回は1週間のイタリア買付で「フィレンツェ」は2日、「ミラノ」は1日、「ローマ」は3日のスケジュールで買い付けをしました。都市間の移動は電車を使い、スーツケースは日本から4つ持って行きました。今から紹介する場所はイタリアに買い付けに行くバイヤーがよく訪れる場所と実際に買い付けをした感想を紹介しますので、今からイタリアに買い付けに行こうと思っている方は参考にどうぞ。

目次へ戻る




ミラノでの買い付けでは「モンテ・ナポレオーネ通り」の地域にハイブランドのショップが固まっているので、そこに行きました。

このエリアは女性ブランドと男性ブランドで別れていたので歩くのは意外に簡単でした。ミラノには「」のブランドの店舗がフィレンツェとローマになかったので行きました。

あと「La Rinascente(ラ・リナシェンテ)」というデパートの中にもハイブランドのショップが入ってるのでショップを巡るのは楽でしたが、セールということもありますがお客様の量がミラノ、フィレンツェ、ローマの中で1番多く移動が大変でした。この「La Rinascente(ラ・リナシェンテ)」のデパートからミラノの中心にある駅「ミラノ中央駅」までは結構距離があるのでタクシーで移動するのがオススメです。

目次へ戻る




フィレンツェでの買い付けでは「The Mall」というバイヤーの中で1番知られている巨大アウトレットモールに行きました。このアウトレットモール「The Mall」までの行き方は「フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅」から徒歩3分の場所にあるバス停からアウトレット行きのバスが出ています。(往復13ドル)

イタリアのフィレンツェにあるアウトレットモール「The Mall」の写真
この「The Mall」のアウトレットでは「プラダ」や「グッチ」や「バレンシアガ」などのヨーロッパ発のブランドがアウトレット価格で販売されていて、人気ハイブランドのショップでは長蛇の列が出来ていました。

イタリアのフィレンツェにあるアウトレットモール「The Mall」の写真
僕たちは朝9時に「The Mall」のアウトレットモールに到着しましたが、既にグッチの前には100人を超える人が並んでいました。多分100人くらいの並びだと店内に入るのは1時間以上かかるとか…

イタリアのフィレンツェにあるアウトレットモール「The Mall」の写真
僕たちはプラダに初めに並びに行ったのですが既に20人くらい並んでおり、オープン時間には50人くらいが後ろにいました。プラダを例にすると販売されている商品は型落ちの物ばかりになりますが買い付けして販売しても全然利益がでるくらいの金額でした。

イタリアのフィレンツェにあるアウトレットモール「The Mall」の写真
他にもバレンシアガやトムフォードなども行きましたが中々良い商品が売っていました。

詳しい「The Mall」のアウトレットの話と金額については「イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します」の有料noteに書いてるので興味ある方はそっちを読んでください。

(関連記事:イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します←後日公開予定)

目次へ戻る




ローマででの買い付けではスペイン広場の付近を中心に買い付けをしました。このスペイン広場の付近には「グッチ」や「ドルガバ」や「シャネル」といったハイブランドのショップが並んでおり、スペイン広場を中心にして歩いて10分くらいの場所にハイブランドのショップが立ち並んでいるので買い付けは以外と回りやすいかと思います。

他にも「Rinascente Roma Tritone」のデパートはミラノ同様にハイブランドのショップがありますが、やっぱりデパートなので店舗に比べると品数は結構少ないイメージです。またセール時期ということもあり一部のフロアーでは「Stone Island」や「Y-3」や「OFF White」などの日本で人気のブランドがセール価格で販売されていましたが、みんな手にとっても元のあった場所に戻さないのでグチャグチャに混ざっており、特定のブランドの商品を探そうと思っても難しいです。

ミラノ、フィレンツェ、ローマで買い付けた物で売れるブランドがいくらで仕入れ出来たかについては「イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します」の有料noteで紹介していますので、興味ある方は読んでみてください。

(関連記事:イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します←後日公開予定)

目次へ戻る





おまけにローマにあるセレクトスニーカーショップを最後に紹介します!やっぱりスニーカー好きなのでイタリアのセレクトショップは行きたい!と思って、買い付けの合間を見つけて行ってきました。


このローマにあるセレクトスニーカーショップ「SPACE 23」はセール時期だったこともあり海外限定モデルなどが格安で販売されていました。店舗の内装も日本では見ないような少し変わったデザインをしていて、スニーカータワーを見てるだけでも結構面白いです。また、ココからは町並みを見た憶測になりますが、ローマーはスニーカーを履く人が少ないイメージで、多くの人が革靴やブーツを履いてる印象が強いです。

なので、日本では入手が難しいスニーカーなんかもタイミングが合えば手に入るかも?


自分がこのローマにあるセレクトスニーカーショップ「SPACE 23」に行った時は少し前に発売されたAir Jordan11 Bredのレディースサイズが残っていました。スタッフに話を聞くと数日前までメンズサイズも残っていたみたいです。ちなみにメンズサイズの人気のものだと日本だと34000円前後で取引されています。

このAir Jordan11 Bredの定価が25,300円くらいなので利益が出ますね。だけど、どのスニーカーも箱が大きいのでスーツケースの容量を結構取りますし、スニーカー本体も結構重いのでスーツケースで持って帰ることを考えている人にはあまりオススメ出来ない買い付け商品です。

まぁローマに観光で来たついでに「SPACE 23」でスニーカーを買って帰る感じなら良いと思いますので、是非ローマにいるスニーカー好きの方で時間ある方は「SPACE 23」に立ち寄ってみてください。


SPACE 23
住所:Corso Vittorio Emanuele II, 156, 00186 Roma RM, イタリア

目次へ戻る




イタリアでハイブランドの買い付けで個人的に買った物の写真
僕が今回のイタリアで個人的に買った一部を紹介します!今回の買い付けで個人的に買ったのは「RIMOWA(リモワ)」のスーツケースと「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」のサングラスです。

「RIMOWA(リモワ)」のスーツケースはドイツブランドと言うこともあり、「ヨーロッパで買うと安いよ!」と聞いていたので、今回は奮発して飛行機内に持ち込み出来る大きさのサイズを購入しました。

リモワのホームページのスクリーンショット写真
こちらは日本だと約14万円するスーツケースが約8万円で購入できました!めちゃお得。さらに黒は期間限定の色らしくて、あと数ヶ月で販売がなくなるってスタッフが言ってたので普通のシルバーじゃなくて、黒にしました(笑)

次に「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」のサングラスを春夏用に買ってしまいました。縁が白ベースのサングラスは持ってなかったので、一目惚れして買ってしまいました。

ルイ・ヴィトンのホームページのスクリーンショット写真
こちらは日本だと約5.4万円するサングラスが約3万円で購入できました!だけど、目が悪いので日本の眼鏡屋で度入りレンズをオーダーしたら、結局5万円くらい払ったのと同じなってしまいました(笑)


他にも数点自分用に「Stone Island」やローマ発のアクセサリーなどをお得に購入出来たので大満足です。大体15万くらい使ったと思います。

目次へ戻る




イタリアでハイブランドの買い付けをしているところの写真
僕はニューヨークに7年住んでいて、喧嘩が日常的に起こるスニーカー買い付けの競争が1番激しかった数年前にバイヤーをニューヨークでやっていたこともあって「体力」と「メンタル」には自信がありましたが、正直ニューヨークの買い付けよりもキツかった印象があります。(もちろん慣れてない土地ってのもありますが)

イタリアはスリが多いことで有名なので今回は買い付けをしたらショップ袋からすぐに100均などで売ってるジッパー付きの大きなカバンに商品を全部入れて、その重いカバンを持ちながら石畳の上を毎日10時間くらい歩く…想像以上にキツかったです。

それに個人的にキツかったのは「タックスフリーの手続き」ですね。

イタリアで買い付けした物は金額によりますが、タックスフリーの申請をすることが出来ます。簡単にいうと「免税」ですね。僕も海外在住者なので日本に一時帰国した際はタックスフリー(免税)を利用することがあるのですが、日本の場合は商品を購入する際に消費税がかからない状態で購入して、空港でレシートを捨てるだけの簡単な作業なのですが、イタリアの場合は初めに税込みの金額で商品を購入してからタックスフリー申請をして、あとで空港で現金を貰うか小切手をもらうかクレジットカードに返金して貰うかの3つの選択肢から選ぶ仕組みになっています。

イタリアでタックスフリーを利用する場合はまず店舗で商品を購入する際にパスポートを提出してタックスフリーの書類を作ってもらい、手元にあるタックスフリーの書類全てを帰国時に空港の中にある専門の窓口で手続きをして、手続き後に全ての書類を空港の中にあるタックスフリー書類用のポストに投函して完了という流れです。

こう書くとタックスフリーの手続きは簡単そうに見えますが、全店舗で受け取るタックスフリーの説明が書かれた書類に「4時間前に空港にきて、タックスフリーの申請をしてください」と記載があるように時間が想像以上にかかります。また時期によっては空港での手続きの列がすごい人の数なので4時間前には最低でも空港に到着することをオススメします。実際も今回は初めていうこともあり4時間前に空港に行ったのですがネットに書いてある手続き情報と一部異なる部分があり、結果たらい回しにされ、本当にギリギリの10分前にタックスフリーの申請が全て終わりました。(それでも手続きの間違いがありましたが…)

このタックスフリー手続き地獄については「イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します」の有料noteで書いてるので、興味ある方はそっちを読んでください。

(関連記事:イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します←後日公開予定)

目次へ戻る





いやー、今回は初めてのイタリア買い付けだったけど体力が本当にいる仕事だなって改めて実感しました。

自分も知り合いから「イタリアとかハイブランド安いから簡単に利益でそうだし、羨ましい」って言われたけど、いやいや超大変です。買い付け予定だったハイブランドの商品で買えない物もたくさんあったし、在庫があるかもわからない中で回れるだけショップを大量のショップ袋を持って走り回って、合間を見てSNSを更新する…本当に大変でした。

実際に僕も朝から夕方過ぎまで買い付けをして、ホテルに戻ったら即爆睡するくらい疲れが溜まっていて、今回の買い付けの自分の写ってる写真を見ると日に日に元気が無くなってるのがわかります(笑)

まぁイタリアのハイブランドの買い付けも慣れるかもしれないですが、もしあなたが初めてイタリアにハイブランドを買い付けに行くなら誰かにアテンドを依頼して行かれることをオススメします。特に「ハイブランドなんて簡単に買い付けできるわ」って思ってる人はお願いしたほうがいいですよ、想像と全然違う可能性高いです。この辺りの話も「イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します」の有料noteに書いてるので興味ある方はそっちを読んでください。

自分たちも数日ですがイタリアで数十年買い付けをしてるバイヤーさんにアテンドをしてもらいながら、イタリアでアテンドをする上で必要な知識を色々教えてもらいました。

ただでさえ時間がないからこそ貴重なイタリアの滞在時間を無駄に使うのではなく、数日の短い日数でしっかり買い付けをするためにもアテンドは依頼されるのがオススメです。もしアテンド費(旅費+ホテル代+アテンド費)を出してもらえるならタイミング合えば僕が付き添いで行きますので連絡ください。

また、もし今からイタリアに買い付けに行く予定の人は「イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します」の記事で買い付けした詳細を公開していますので、チェックしてください。

(関連記事:イタリアでハイブランドの買い付けをした時の裏話を全部話します←後日公開予定)

目次へ戻る


※この記事は2020/01/16に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。




ニューヨーク買付市場とは?

このブログはニューヨーク在住のバイヤーのKei(@gmnyc_k)が運営する海外で買い付けをする「個人バイヤー」になりたい人の役に立つブログです。ブログでは個人バイヤーになるノウハウ以外にもニューヨークを中心にイケてるストリート系のショップやトレンド商品の新着情報を紹介、SNSで買い付け代行屋リクエストオーダーをして商品を販売しています。又、海外で買い付けする個人バイヤーになりたい人向けに3日間の「バイヤーアテンドツアー」をニューヨークで実施しています。

海外バイヤーの裏話

海外でバイヤーを始める上で必要な
知識を記事にしました!
※途中まで無料で読めます

記事を読む

ニューヨーク買付市場EC

僕がNYで見つけたイケてる服だけを
取り扱う通販始めました!
※1点物がほとんどになります

商品を見る
TOP