MGNYC

ニューヨーク在住の個人バイヤーが教える「海外バイヤーになる方法」

【初訪問者必読】このブログと運営者について

詳細はコチラ

ネットで販売する?在庫を持ったない個人バイヤーがおすすめする販売販路5選

2020年01月20日(月)


※2019/1/20 記事全体をリライト

どうも、ニューヨーク在住バイヤーのKei(@gmnyc_k)です。

ニューヨークに住みながら個人バイヤーとして稼いでる自分が副業で今からSupremeやNikeなどの人気商品を転売する個人バイヤーを目指す人向けに稼いでる個人バイヤーの人がどこで商品を販売しているのか気になる人向けに「販路」について紹介します。

もし「海外で買い付けする個人バイヤーをやりたいな」って思っている人は「バイヤー未経験者が人気ブランドを転売して稼げる個人バイヤーになる方法」の記事に自分の体験ベースで稼げる個人バイヤーになるためのノウハウを無料公開しているので、そちらの記事もチェックしてください。

(関連記事:バイヤー未経験者が人気ブランドを転売して稼げる個人バイヤーになる方法

この記事ではまずは買い付けた商品をネットで販売する代表的なオンライン販路を6つ紹介します。

目次[隠す]



数年前までは個人バイヤーの数が少なかったこともあり寝かしても売れる買い付け商品もありました。例えば世界的に有名なストリートブランド「Supreme」を例にすると「Supremeは寝かせても数年後に売れる」と言われていましたが、最近は個人バイヤーが増えたこととリリース期間が短くなったことで消費者の誘惑に遭遇する数も増えたので「寝かせれば売れる」を信じて在庫を持つのは非常に危険です。

実際にSupremeやNikeなどの人気ブランドを例にするとハイペースで商品をリリースしているブランドの商品の買い付けはリリースから時間が経てばたつほど売れにくくなっているというのが現状です。

だからこそ、個人バイヤー初心者は買い付けをしたらすぐに売れる場所を確保することが大切です。

  • 1:BUYMAを利用して売る
  • 2:インターネットショッピングモールで売る
  • 3:オークションやフリマアプリで売る
  • 4:SNS(インスタグラム、twitterなど)で売る
  • 5:店舗に商品を降ろす

では、具体的にネットで売ると言ってもどこで売ればいいのかを代表的な販売販路5つ紹介します。

目次へ戻る



BUYMAとは海外ブランドを中心に買い付けをする個人バイヤーと個人(消費者)を直接繋がることができるオンラインサービスです。昔から存在する個人バイヤー向けのプラットフォームなのですが、年々の個人バイヤーが増えていることをきっかけにBUYMAを利用した個人バイヤーが増えています。

BUYMA(バイマ)とはアパレルとブランド関係のネット通販のサイトです。 企業のサイトから直接商品を購入するのではなく、「個人と個人の取引」で商品を購入する事ができます。 また、BUYMAと他のフリマ・オークションの媒体との大きな相違点といえば、海外のパーソナルショッパー(出品者)からの商品が購入できるという事です。引用元:https://the-buyers.jp/buyma/


BUYMAの管理画面はネットが苦手な人でも簡単に出品できるので、パソコンが苦手な人でも簡単に参入できるのでおすすめです。

BUYMAで売るメリット


BUYMAのホームページに訪れる訪問者は「海外の商品を探している人」が多く訪れるので海外商品を購入したい人と出会いやすいオンラインサービスです。

一度販売をした人の場合、お客様対応や商品がよければ引き続きファンになって、次に買い付けた商品も買ってくれるファンになってくれる可能性もあります。

BUYMAで売るデメリット


BUYMAにはすでに多くの個人バイヤーがいるので新規参入するのは想像以上に難しいです。

実際に「ニューヨーク買い付け体験アテンド」を利用した方の多くもBUYMAを利用しているのですが、新規登録の場合は売れ筋商品を買い付けできてもお客様が見つからないことから在庫になってしまったという人もいました。

目次へ戻る



楽天やAmazonなどのインターネットショッピングモールに出店料を払って自分の店を運営する個人バイヤーの人もいます。

インターネットショッピングモールは出店料や手数料などの費用がかかりますが、「楽天やAmazonで出店してる=信頼があるネットショップ」というイメージを持っている人が一定数おり、彼らはオークションではなくインターネットショッピングモールで買い物をします。

他にも個人バイヤーの人は楽天やAmazon以外にも海外在住者が商品を買い付けて販売する「buyma」などのインターネットショッピングモールも利用者は意外と多いです。

インターネットショッピングモールで売るメリット


インターネットショッピングモールで売る大きなメリットは「信頼」と「集客力」が既にインターネットショッピングモール側にあることです。

楽天やAmazonは一般層には認知の高いインターネットショッピングモールなので、出店するだけで個人でネットショップを運営するよりも早くお客様から信頼をしてもらうことができます、インターネットショッピングモールを利用する人は「何かを買う前提」で商品検索をしているので、SNSで商品紹介して購入者を探すよりも簡単に買い手を見つけることが出来ます。

インターネットショッピングモールで売るデメリット


インターネットショッピングモールは出店料と手数料が結構かかります。

楽天市場を例にすると出店するのに最低でも初期費用に30万円以上のお金が必要ですし、さらに売れた場合は手数料も取られます。そして、ネットショップのサイトデザインなどもWebデザイナーに頼まないといけないので結局準備金で100万円近く必要になります。

そこからさらに買い付けのお金と考えると想像以上のお金を用意しないといけません。

なので、インターネットショッピングモールで販売する人はある程度資金力がある人か既に実店舗を構えていて、集客力がないので簡単に集客をしたい店舗様が利用するイメージです。

目次へ戻る



個人バイヤーになったばかりの人が初めに使う販路として一番人気なのが「ヤフオク」や「メルカリ」や「ラクマ」などのオークションまたはフリマアプリサービスを使って販売する方法です。

またこちらの記事でも書いた通り、オークションやフリマサービスは偽物が多いのでオークションやフリマサービスを利用して稼げる個人バイヤーになるには「評価」が非常に大切になります。

(関連記事:ヤフオクとかフリマアプリに出ている偽物には要注意!偽物に詳しいフォロワーさんに聞いて見た

オークションやフリマアプリで売るメリット


オークションやフリマアプリはインターネットショッピングモールと似ており、「欲しいもの」がある人(新規顧客)が商品を検索して不特定多数の販売元から商品を選び購入するので集客のやり方を考える必要は初めはありません。

さらにインターネットショッピングモールのように出店料がかからないので、初期費用のことは考えずに出品できるのも大きなメリットです。

オークションやフリマアプリで売るデメリット


オークションやフリマアプリで買い物をする人は「とりあえず安く買いたい」と考える人が多いので価格競争に巻き込まれる場合がよくあります。

価格競争から抜け出すためには「高評価」のアカウントに育成する必要がありますが、、この「評価集め」に苦労して結果在庫を抱えてしまう人も多いというのが現状です。

目次へ戻る



最近twitterやinstagramのストーリー機能を利用して商品を販売している個人バイヤーのアカウントをよく見ますが、SNSで売買をする上で一番良い部分は「リアルタイムを伝えれること」と「拡散力」があることです。

なので、うまく人気がある商品を買い付けできればSNSで「売ります」のハッシュタグを利用して拡散し、購入者を見つけて、DMでやりとりするのが一番コストがかからない販売方法です。

もしSNS(インスタグラム、twitterなど)を使って個人バイヤーになろうと思ってる人はこちらの記事を参考にするとターゲットになるフォロワーを集めることができます。

(関連記事:拝啓、SNSを本気で取り組みたいあなたへ

SNS(インスタグラム、twitterなど)で売るメリット


SNS(インスタグラム、twitterなど)で売る大きなメリットは、もしフォロワーの多い人から拡散されると広告を打つ以上の集客を無料でしてもらえるだけではなく、この拡散をきっかけにあなたのアカウントを知って、ファンになる可能性がある人に認知してもらえることです。

物を買うときは「信用」がないと購入されないからこそ、SNSを利用して信用を作るのは非大切です。

またSNSのライブ配信機能などを利用して「リアルタイム」を伝えるのも個人バイヤーをする上で重要で、ブログとは違い、「その場の体験」がシェアできるライブ機能は親近感が生まれやすく、上手く使えばSNS上で信頼関係を構築することができます。

SNS(インスタグラム、twitterなど)で売るデメリット


SNSのアカウント運営方法を間違えると一気に信用がなくなり、ファンが減ります。

一過性でSNSを使って販売をするなら運営方法なんて考えなくていいですが、個人バイヤーとしてこれから活動をする上の坂路としてSNSを利用するならビジネスよりのSNSのアカウント運営方法をしないといけません。

SNSは信頼関係が作りやすい分、信頼を壊すのもとても簡単です。

目次へ戻る



最後はおまけになりますが、オンラインではなく、オフラインで買い付けをした商品を売る場合の方法を紹介します。ニューヨークで個人バイヤーをしている人たちは日本の店舗とバイヤー契約して商品を買い付けている人が意外と多いです。

彼らがどうやって卸先との契約を取っているかわからないけど、自分が個人バイヤーをしているときに楽天市場でアメリカで買い付けしているネットショップのお問い合わせフォームから商品の代行買い付けサービスに関するメールを100件ほど送ったけど、返信があったのは2件だけで、そのときに提示された代行費は定価の25-35%でした。

なので、170ドルのスニーカーを買い付けすると42ドルから60ドルくらいの代行費が出るのですが、35%とかの商品は個人で売れば倍以上の利益が出るような商品のみで人気がずば抜けてない商品は25%くらいの代行費になっていました。

店舗に商品を卸すメリット


店舗に商品を卸すメリットは「買い付けに必要な資金を事前にもらえること」と「買い付けた商品が在庫にならない」ことです。

それに買い付けた商品はまとめて店舗に配送するので配送も個人に売るよりも少ない回数で済みますが、日本国内の場合は店舗に卸すということは少ないと思います。また国内で買い付けたものを店舗に卸す人よりもニューヨークなどの海外で買い付けをして、店舗に卸す人の多いので、今回は海外で買い付けした商品を店舗に卸す場合のメリットとデメリットを紹介します。

店舗に商品を卸すデメリット


ニューヨークで買い付けをする場合は代行手数料が高い商品はほぼ買えない場合が多いので、買い付けが現実的に可能な商品を自分の足で見つけて、店舗側に知らせることをしないといけません。

ニューヨークでの買い付けの大変さはこの記事で紹介していますが、ニューヨークで買い付けをするのは本当に大変です。

(関連記事:【現場レポ有り】ニューヨークでの人気商品の買い付けはメンタルが強くないと無理

目次へ戻る



今から個人バイヤーになりたい!と言っても実際何からスタートすればいいのかわからない人も多いと思いますので、そんな方は自分が提供している「ニューヨーク買い付けアテンド」に申し込みして、一緒にどのような個人バイヤーになればいいか話し合いましょう。申し込み後にこの記事で書いた内容を中心としたコンサルをし、その後にニューヨークに来ていただき買い付けをしてもらいます。

今まで買い付けアテンドを依頼された方の中には今現在オンラインで海外で買い付けた商品を販売しているバイヤーさんもいましたが、ほとんどの方が先ほど紹介した「3W1H」を決めない状態でアテンド依頼をしており、渡米する前に必ずコンサルティングをした上で買い付けにニューヨークへ来ていただいてもらっています。

  • ・Who = 誰に売るのか
  • ・What = 何を売るのか
  • ・Where = どこで売るのか
  • ・How = どうやってターゲットを集めるのか

この記事で紹介した「3W1H」は稼げる個人バイヤーになるためには必須になるので忘れないでください。

もし個人バイヤーになりたいけど右も左も分からないというなら、まずは僕がやっている「ニューヨーク買い付けアテンド」に申し込みください。

一緒にどうすれば稼げる個人バイヤーになれるのか道を見つけましょう!

>> ニューヨーク買い付けアテンドに申し込む <<

目次へ戻る


※この記事は2020/01/20に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。


自己紹介

海外買い付け専門の個人バイヤー

ニューヨーク在住7年目の個人バイヤー。ブログでは個人バイヤーになるノウハウ以外にもニューヨークを中心にイケてるストリート系のショップやトレンド商品の新着情報を紹介、SNSで買い付け代行屋リクエストオーダーをして商品を販売しています。又、海外で買い付けする個人バイヤーになりたい人向けに3日間の「バイヤーアテンドツアー」をニューヨークで実施しています。


あなたが欲しいものを買い付けします!

現役個人バイヤーの自分が日本では手に入らないレア商品から未入荷商品まで幅広いアイテムを100%正規品を販売している店や知り合いのバイヤーを通して買い付けし、日本のご自宅までお送りします。





ニューヨーク買付市場とは?

このブログはニューヨーク在住のバイヤーのKei(@gmnyc_k)が運営する海外で買い付けをする「個人バイヤー」になりたい人の役に立つブログです。ブログでは個人バイヤーになるノウハウ以外にもニューヨークを中心にイケてるストリート系のショップやトレンド商品の新着情報を紹介、SNSで買い付け代行屋リクエストオーダーをして商品を販売しています。又、海外で買い付けする個人バイヤーになりたい人向けに3日間の「バイヤーアテンドツアー」をニューヨークで実施しています。

新着商品一覧(アンケート付き)

オススメのオンラインショップ

個人バイヤーに関する記事一覧

コーデ&身だしなみの記事一覧

Keiについて

海外バイヤーの裏話

海外でバイヤーを始める上で必要な
知識を記事にしました!
※途中まで無料で読めます

記事を読む

海外バイヤーデビューしませんか?

元バイヤーがニューヨークで人気の店と
稼げるノウハウを3日間で教えます
※3日間1000ドル

詳細を読む
TOP