MGNYC

元スニーカーバイヤーが運営するトレンド調査ブログ

【初訪問者必読】トレンドのアイテムを探している人へ

詳細はコチラ

在庫を持ったことはない個人バイヤーが教える代表的な販売販路6選

2018年11月10日(土)


どうも元バイヤーのKei(@gmnyc_k)です。

元個人バイヤーで月に100万以上稼いでいた自分が副業で今からSupremeやNikeなどの人気商品を転売する個人バイヤーを目指す人向けに稼いでる個人バイヤーの人がどこで商品を販売しているのか気になる人向けに「販路」について紹介します。

もし「副業で個人バイヤーをやりたいな」って思っている人は「バイヤー未経験者が人気ブランドを転売して稼げる個人バイヤーになる方法」の記事に自分の体験ベースで稼げる個人バイヤーになるためのノウハウを無料公開しているので、そちらの記事もチェックしてください。

バイヤー未経験者が人気ブランドを転売して稼げる個人バイヤーになる方法の記事のアイキャッチ写真

バイヤー未経験者が人気ブランドを転売して稼げる個人バイヤーになる方法

関連記事を読む

では、まずは覚えて欲しい「売るタイミング」の話をした後に商品を販売する代表的な販路6つ紹介し、その後に個人バイヤーをしていたときに自分が作った個人向けの販路を紹介します。



どの販路で売るにしても売るタイミングを逃すと危険


数年前までは「Supremeは寝かせても数年後に売れる」と言われていましたが、最近は色々なブランドが数年前よりもハイペースで新作商品を販売しているのと今ストリートが好きと言ってる人の多くが「特定の人気商品のみ」を買い漁っている市場をみると「寝かせれば売れる」を信じて在庫を持つのは非常に危険です。

実際にSupremeやNikeなどのハイペースで商品をリリースしているブランドの商品の買い付けはリリースから時間が経てばたつほど売れにくくなっているというのが現状です。

だからこそ、個人バイヤー初心者は買い付けをしたらすぐに売ることを意識しましょう。在庫はリスクなだけです。

  • 1:店舗に商品を降ろす
  • 2:買取サービスを利用して売る
  • 3:インターネットショッピングモールで売る
  • 4:独自のネットショップで売る
  • 5:オークションやフリマアプリで売る
  • 6:SNSで売る

では、具体的にどこで売ればいいのかを上の代表的な販売販路6つ紹介します。



1:店舗に商品を卸す


ニューヨークで個人バイヤーをしている人たちは日本の店舗とバイヤー契約して商品を買い付けている人が意外と多いです。

彼らがどうやって卸先との契約を取っているかわからないけど、自分が個人バイヤーをしているときに楽天市場でアメリカで買い付けしているネットショップのお問い合わせフォームから商品の代行買い付けサービスに関するメールを100件ほど送ったけど、返信があったのは2件だけで、そのときに提示された代行費は定価の25-35%でした。

なので、170ドルのスニーカーを買い付けすると42ドルから60ドルくらいの代行費が出るのですが、35%とかの商品は個人で売れば倍以上の利益が出るような商品のみで人気がずば抜けてない商品は25%くらいの代行費になっていました。

店舗に商品を卸すメリット


店舗に商品を卸すメリットは「買い付けに必要な資金を事前にもらえること」と「買い付けた商品が在庫にならない」ことです。

それに買い付けた商品はまとめて店舗に配送するので配送も個人に売るよりも少ない回数で済みますが、日本国内の場合は店舗に卸すということは少ないと思います。また国内で買い付けたものを店舗に卸す人よりもニューヨークなどの海外で買い付けをして、店舗に卸す人の多いので、今回は海外で買い付けした商品を店舗に卸す場合のメリットとデメリットを紹介します。

店舗に商品を卸すデメリット


ニューヨークで買い付けをする場合は代行手数料が高い商品はほぼ買えない場合が多いので、買い付けが現実的に可能な商品を自分の足で見つけて、店舗側に知らせることをしないといけません。

ニューヨークでの買い付けの大変さは「【現場レポ有り】ニューヨークでの人気商品の買い付けはメンタルが強くないと無理」の記事で紹介していますが、ニューヨークで買い付けをするのは本当に大変です。

【現場レポ有り】ニューヨークでの人気商品の買い付けはメンタルが強くないと無理の記事のアイキャッチ写真

【現場レポ有り】ニューヨークでの人気商品の買い付けはメンタルが強くないと無理

関連記事を読む



2:買取サービスを利用して売る


次にセカンドストリートや買取王国などの店舗型の買取センターや「SupremeやNikeなどの不要な商品を最短2日で現金化できる買取サービス」の記事で紹介したような自宅まで買取に来てくれる買取サービスを利用した販売方法の紹介です。

卸す店舗が見つからない方や高い利益よりも在庫を極力持たない販売方法を取りたい方にオススメです。

SupremeやNikeなどの不要な商品を最短2日で現金化できる買取サービスの記事のアイキャッチ写真

SupremeやNikeなどの不要な商品を最短2日で現金化できる買取サービス

関連記事を読む

買取サービスに商品を卸すメリット


商品写真や文面の作成など手間な作業なしで、現金化することができます。

それに毎回買取サービスを利用していると店側から「次もしも〇〇が買えたら売って欲しい。高く買い取るよ」などの話をくれる買取ブランドもあるそうです。実際に知り合いでも買取サービス側が高額で買い取る契約のもとにニューヨークに買い付けに来ている人もいます。

店舗に商品を卸すデメリット


買取価格が安い場合が多いのと人気度合いによっては買取しない場合もあります。

買取関係の店舗に行ったことある方はイメージがつきますが、買取で販売している商品は通常よりも安い価格の場合が多く、もちろん買取をする段階では販売価格よりも安い金額で買取がされています。

実際に過去に知り合いがオークションで10万以上で売られているスニーカーを買い取りサービスに持ち込んだら半額で買い取ると言われて断った話を聞いたことがあります。なので、店側と高レートの買取契約があればいいですが、急いで手元にある在庫を現金化する必要がないなら買取サービスを利用するのはオススメできません。



3:インターネットショッピングモールで売る


楽天やAmazonなどのインターネットショッピングモールに出店料を払って自分の店を運営する個人バイヤーの人もいます。

インターネットショッピングモールは出店料や手数料などの費用がかかりますが、「楽天やAmazonで出店してる=信頼があるネットショップ」というイメージを持っている人が一定数おり、彼らはオークションではなくインターネットショッピングモールで買い物をします。

他にも個人バイヤーの人は楽天やAmazon以外にも海外在住者が商品を買い付けて販売する「buyma」などのインターネットショッピングモールも利用者は意外と多いです。

インターネットショッピングモールで売るメリット


インターネットショッピングモールで売る大きなメリットは「信頼」と「集客力」が既にインターネットショッピングモール側にあることです。

楽天やAmazonは一般層には認知の高いインターネットショッピングモールなので、出店するだけで個人でネットショップを運営するよりも早くお客様から信頼をしてもらうことができます、インターネットショッピングモールを利用する人は「何かを買う前提」で商品検索をしているので、SNSで商品紹介して購入者を探すよりも簡単に買い手を見つけることが出来ます。

インターネットショッピングモールで売るデメリット


インターネットショッピングモールは出店料と手数料が結構かかります。

楽天市場を例にすると出店するのに最低でも初期費用に30万円以上のお金が必要ですし、さらに売れた場合は手数料も取られます。そして、ネットショップのサイトデザインなどもWebデザイナーに頼まないといけないので結局準備金で100万円近く必要になります。

そこからさらに買い付けのお金と考えると想像以上のお金を用意しないといけません。

なので、インターネットショッピングモールで販売する人はある程度資金力がある人か既に実店舗を構えていて、集客力がないので簡単に集客をしたい店舗様が利用するイメージです。



4:独自のネットショップで売る


最近「Web素人でも100%作れる!30秒で本格的なネットショップが持てる「BASE」の使い方」で紹介した30秒で自分のネットショップが無料で持てるサービス「BASE」を利用して買い付けした商品を売っている個人バイヤーの人をよく見かけます。

この「BASE」というネットショップサービスはWeb知識がなくても一瞬で自分のネットショップが持てるので、今から独自のネットショップを立ち上げようと思ってる人にオススメです。

Web素人でも100%作れる!30秒で本格的なネットショップが持てる「BASE」の使い方の記事のアイキャッチ写真

Web素人でも100%作れる!30秒で本格的なネットショップが持てる「BASE」の使い方

関連記事を読む

独自のネットショップで売るメリット


独自のネットショップでを運営するとインターネットショッピングモールに比べて手数料も安いし、出店料もかからないから最初の初期投資コストが低く、お問い合わせやライブ配信機能など普通では有料扱いのサービスも無料で簡単に実装できるので予算をかけたくないWeb知識がない人にもオススメです。

あとインターネットショッピングモールは様々な販売ルールがネットショップを運営する上でもありますが、独自のネットショップの場合はそれらのルールはないのもメリットです。

独自のネットショップで売るデメリット


独自のネットショップで販売する場合はインターネットショッピングモールと異なり買い手がいない状態からスタートなので、自分自身のソーシャルメディアやブログを利用して「集客力」をつける必要があります。

自分自身インフルエンサーとして動いてる身だからこそ言えますが、ソーシャルメディアでファンを作るためには毎日の情報配信はもちろんですし、かなり考えてソーシャルメディアマーケティングをしないとファンを獲得することは出来ません。



5:オークションやフリマアプリで売る


個人バイヤーになったばかりの人が初めに使う販路として一番人気なのが「ヤフオク」や「メルカリ」や「ラクマ」などのオークションまたはフリマアプリサービスを使って販売する方法です。

また「ヤフオクとかフリマアプリに出ている偽物には要注意!偽物に詳しいフォロワーさんに聞いて見た」の記事でも書いた通り、オークションやフリマサービスは偽物が多いのでオークションやフリマサービスを利用して稼げる個人バイヤーになるには「評価」が非常に大切になります。

ヤフオクとかフリマアプリに出ている偽物には要注意!偽物に詳しいフォロワーさんに聞いて見たの記事のアイキャッチ写真

ヤフオクとかフリマアプリに出ている偽物には要注意!偽物に詳しいフォロワーさんに聞いて見た

関連記事を読む

オークションやフリマアプリで売るメリット


オークションやフリマアプリはインターネットショッピングモールと似ており、「欲しいもの」がある人(新規顧客)が商品を検索して不特定多数の販売元から商品を選び購入するので集客のやり方を考える必要は初めはありません。

さらにインターネットショッピングモールのように出店料がかからないので、初期費用のことは考えずに出品できるのも大きなメリットです。

オークションやフリマアプリで売るデメリット


オークションやフリマアプリで買い物をする人は「とりあえず安く買いたい」と考える人が多いので価格競争に巻き込まれる場合がよくあります。

価格競争から抜け出すためには「高評価」のアカウントに育成する必要がありますが、、この「評価集め」に苦労して結果在庫を抱えてしまう人も多いというのが現状です。



6:SNSで売る


最近twitterやinstagramのストーリー機能を利用して商品を販売している個人バイヤーのアカウントをよく見ますが、SNSで売買をする上で一番良い部分は「リアルタイムを伝えれること」と「拡散力」があることです。

なので、うまく人気がある商品を買い付けできればSNSで「売ります」のハッシュタグを利用して拡散し、購入者を見つけて、DMでやりとりするのが一番コストがかからない販売方法です。

また、「Web素人でも100%作れる!30秒で本格的なネットショップが持てる「BASE」の使い方」で紹介した無料ネットショップ「BASE」に商品を登録して、集客ツールとしてSNSを利用して情報配信と商品販売告知をしている個人バイヤーも最近多いです。

Web素人でも100%作れる!30秒で本格的なネットショップが持てる「BASE」の使い方の記事のアイキャッチ写真

Web素人でも100%作れる!30秒で本格的なネットショップが持てる「BASE」の使い方

関連記事を読む

SNSで売るメリット


SNSで売る大きなメリットは、もしフォロワーの多い人から拡散されると広告を打つ以上の集客を無料でしてもらえるだけではなく、この拡散をきっかけにあなたのアカウントを知って、ファンになる可能性がある人に認知してもらえることです。

物を買うときは「信用」がないと購入されないからこそ、SNSを利用して信用を作るのは非大切です。

またSNSのライブ配信機能などを利用して「リアルタイム」を伝えるのも個人バイヤーをする上で重要で、ブログとは違い、「その場の体験」がシェアできるライブ機能は親近感が生まれやすく、上手く使えばSNS上で信頼関係を構築することができます。

SNSで売るデメリット


SNSのアカウント運営方法を間違えると一気に信用がなくなり、ファンが減ります。

一過性でSNSを使って販売をするなら運営方法なんて考えなくていいですが、個人バイヤーとしてこれから活動をする上の坂路としてSNSを利用するならビジネスよりのSNSのアカウント運営方法をしないといけません。

SNSは信頼関係が作りやすい分、信頼を壊すのもとても簡単です。



もし0から個人バイヤーをやるならSNSで売る!


自分はtwitterを使った個人バイヤーをしていましたが、もしまた0から個人バイヤーをやるならまたtwitterをうまく使った販売販路を作ります。

他にも「インスタグラム」「Facebook」「Youtube」など色々なSNSがありますが、twitterが他のSNSのツールと大きく違うのは「拡散」することがユーザーにとって当たり前の行動バターンになっているからです。

さらに多くの人に拡散してもらう方法も簡単で、誰よりも先に最新情報を毎日シェアするだけです。

自分が実際に行ったtwitterマーケティングで、「ニューヨーク在住の元バイヤーが教える最新リーク情報を収集する方法3選」で紹介した無料で最新情報をキャッチして、その情報をまだ知らないフォロワーさんに拡散してもらうために誰よりも早く投稿し、属性があうフォロワーにそのツイートをきっかけにKeiを認知させて、興味を持ってもらってフォローしてもらう仕組みを作りました。

ニューヨーク在住の元バイヤーが教える最新リーク情報を収集する方法3選の記事のアイキャッチ写真

ニューヨーク在住の元バイヤーが教える最新リーク情報を収集する方法3選

関連記事を読む

そして、このマーケティングを3ヶ月間くらい力を入れた結果1000人くらいフォロワーが増えて、彼らとの信頼関係を築いた感覚があったので、twitterで集客してDMで販売する販売販路を作って、個人バイヤーを始めました。

この販売方法が大成功でした。

このtwitterを利用した販売販路を実際に自分自身が使ってみて思ったのが、多くの人が販売金額で買う商品を見ているのではなく、信頼があるかどうかで商品を買うか決めていて、買う意思決定に販売価格は実はそこまで大きく関係ないってことに気づきました。

要するに、インターネットモールや買取店みたいに価格競争に巻き込まれながら販売をするのではなく、個人の信用が構築されて入れば「自分価格」で売ることが出来るということです。

だから、個人バイヤーをする上で買取や店舗に下ろす場合は別ですが、価格競争などに巻き込まれないで自分が決めた金額で販売したい個人バイヤーの方には「商品ラインナップ」よりも「信頼」の方を先に構築することが長期的に見ることが大切になります。

近々「SNSを使って信頼を構築する方法」を紹介しますので、SNSの販路を使って個人バイヤーをやりたい人はもうしばらくお待ちください。


※この記事は2018/11/10に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。


自己紹介

トレンド調査ブロガー

NY在住歴5年(NYでホームレス経験あり)旅行とファッション集客に特化したブログ運営中。US永住権保持者件経営者。海外に行くきっかけを作る会員サービス「KUTSUHIMO」を運営中。2017/11からスタートして2018/12の段階で12人の会員さんがニューヨークに遊びに来ました!


おすすめコンテンツ一覧

このブログを運営者する元バイヤーのKeiがおすすめするブランドと実際に楽天で販売されている商品を定期的に更新しています!またAmazonで日常生活を買う方には「Amazonプライム」のサービスをおすすめします。



他では味わえない「新体験」が10ドルで楽しめる!

「KUTSUHIMO」の会員コミュニティーサービスは「スニーカー好き」という共通の趣味の元、年齢や職業関係なく、出会えるサービスでもありますが、このサービスをきっかけに海外にも目を是非向けていただきたいと思って作った会員サービスでもあります。(月額10ドル)


「KUTSUHIMO」では普段SNSでシェアしている新着販売情報の事前リークからSNSにシェアしてないクローズの情報などのシェアはもちろん、twitterにはシェアしていないニューヨークの店舗写真や動画を始め、Keiの生活の一部を紹介しています。又、転売をしている人向けにKei@代行・売りますのアカウントで転売した商品がある場合は代行ツイートもします。これらを含めた8つの特典の詳細は「KUTSUHIMOとは?」で紹介しています。

8つの特典の中でも「無料NYアテンドツアー」を利用してニューヨークに遊びに来る会員さんが多く、2018年は11人の会員さんがニューヨークに遊びに来てくれました。ニューヨークに遊びに来た会員さんでインタビューを一部取っていますので、興味がある方は「ニューヨークに来た会員さんインタビュー一覧」から記事を読んでください。
初海外旅行の僕がKeiさんのバイヤー体験ツアーに参加した感想を本音で紹介します!の記事のアイキャッチ写真

初海外旅行の僕がKeiさんのバイヤー体験ツアーに参加した感想を本音で紹介します!

体験談を読む

中には会員サービスがきっかけでニューヨークに留学に来る会員さんも現れたり、Keiさんと出会ったことをきっかけに好きなことで生きて行くことを決めた人など色々な人がいます、嬉しいばかりです。

自分の会員サービスはコレクション数とかスニーカー知識とか関係なく「スニーカー」という共通の趣味から年齢関係なく、様々な人と出会えて、この会員サービスがきっかけで人生の考え方が1度でも変わってくれたらと思いながら運営しています。


もし会員になりたい方は毎月月末に「KUTSUHIMOトップページ」にて会員募集を数枠ですが解放しています。どうしても会員になりたい方は「会員待機Lineグループ」のアカウントにご連絡をください。内容によっては別枠で会員枠をご用意いたします。


多くの面白い方と会員サービスを通じて出会えることを楽しみにしています!

会員待機組追加
(Lineで通知/スマホのみ)

>> 会員サービスの詳細はコチラ <<



自己紹介

トレンド調査ブロガー

NY在住歴5年(NYでホームレス経験あり)旅行とファッション集客に特化したブログ運営中。US永住権保持者件経営者。海外に行くきっかけを作る会員サービス「KUTSUHIMO」を運営中。2017/11からスタートして2018/12の段階で12人の会員さんがニューヨークに遊びに来ました!

「あなた」にオススメのコンテンツ


新しい"とれんど"の教科書とは?

このブログでは海外に買い付けしてる個人バイヤーが買い付けする海外でトレンドになっているスニーカーやアパレルの商品の新着情報にTwitterのアンケート機能を使った人気情報を合わせて紹介しています。また、副業で個人バイヤーをしたい方向けにバイヤー時代に経験したことやWeb集客方法などの情報をシェアしています。またニューヨークの人気ショップやニューヨーク生活、会員限定の経験記事を有料コミュニティーサービス「Kutsuhimo」($10/月)の会員サービスもやってます。

新着商品一覧(アンケート付き)

オススメのオンラインショップ

オススメのオンラインサービスの記事

人気商品の並び&店舗記事

身だしなみに関するオススメの記事

有料記事一覧

Keiについて

NYCアテンドの相談受付中!

アテンドの相談は
Lineで受け付けております!
気軽に連絡ください

アテンド詳細はコチラ

ID:@nhz2511o
(検索時に@を忘れないで)

TOP