MGNYC

元スニーカーバイヤーが運営するトレンド調査ブログ

【初訪問者必読】トレンドのアイテムを探している人へ

詳細はコチラ

チップをスタッフに払えばプレ値スニーカーが定価で買える?現場を見た海外バイヤーが真実を語る

2018年02月02日(金)


どうも、元海外バイヤーのKei(@gmnyc_k)です。

もしニューヨークで買い付けするために情報を集めているなら「バイヤー未経験者が人気スニーカーを転売して稼げるバイヤーになる方法」の記事を参考にしてください。バイヤー未経験者が人気スニーカーを転売して稼げるバイヤーになる方法を紹介しています。

バイヤー未経験者が人気スニーカーを転売して稼げるバイヤーになる方法の記事のアイキャッチ写真

バイヤー未経験者が人気スニーカーを転売して稼げるバイヤーになる方法

関連記事を読む

今日は自分がニューヨークでスニーカーやSupremeの買い付けをしていた時に、日本ではあまり経験できない体験の中でも日本ではあまり見かけることのない話をします。

それはスタッフにチップを払うとレアスニーカーなどを横流ししてくれる体験。

初めてその体験をしたのは某有名スニーカーショップのスタッフと仲良くなった時にスタッフの友達が店にやって来て「AirJordan1 Royal blueよろしくお願いしたい」と言って、100ドルほど渡してた時のことだった。その時は「え?」と思ったが、スタッフに「スタッフは大体1足新作出るときに自分用に買う権利があるから、いらないスニーカーが出る時や金に困ってる時はやってるんだよ」と。

「…それっていいの?」多くの人が思うかもしれないですが、ニューヨークではSupremeを始め、色々なブランドのスタッフが当たり前にチップをもらって、新作商品の横流しをすることはあります。

チップを渡して、横流しで買うのは普通な文化

Kith店内でスタッフと話している写真
ここからは個人的な見解になりますので、ご理解の上お読みください。

ニューヨークのショップの多くがチップをもらって、自分の購入枠を売っていると書きましたが、もちろんこれはブランド側からしたらペナルティーが与えられる問題行為です。


ですが、スニーカー業界で有名なキングマサさん(@kingmasa2011)も「バズーカー」の番組のスニーカー特集でで「ロサンゼルスに住んでた時にチップを払って、スニーカーを売ってもらうのは当たり前だ」と言われていますが、自分も買い付けをしていて、同じような光景を何度も見たことがあります。実際に友達のスタッフの1人が

「ブランド自体は売り上げが上がっているのに、俺らの給料は全く上がらないし、なんでこの店にいるかって言ったら、繋がりがたくさんできるためで金にはならない。だから、チップをもらって、本当に欲しい人にスニーカーを売ることはなんとも思わない」と言ってました。

この話の内容は彼1人の意見ではなく、他のブランドのスタッフも同じようなことを言ってました。

憶測ですが、ストリートカルチャーが注目されることでブランドが急成長すのはいいのですが、スタッフが店頭で努力しても給料が上がらない不満(元から接客の売り上げの%がもらえるから低い)と毎日スニーカーに興味のない転売ヤーがまとめ買いして、本当に欲しがってる友達が買えないのが彼らの中でもどかしいのと実際のニューヨークでの高額な生活費を賄うためにチップをもらっている感じですなのでしょう。

なので、新作商品を販売する前は色々な人がチップを持ってスタッフの元に現れます。

チップを受け取って売ってくれるスタッフには種類がある


スタッフの中でもチップを受け取ってくれるスタッフには色々な種類がいますが、大きく分けて3種類。

  • 1:とりあえず受け取れるだけチップを取る人(お金優先)
  • 2:友達1人と決めてチップを受け取る人(友達優先)
  • 3:物々交換でチップを受け取ってくれる人(価値の交換)
今からそれぞれの属性の話をします。

1:とりあえず受け取れるだけチップを取る人(お金優先)


先ほども書いたようにお金がないスタッフが多いです。それは店の指定している給料が安いやお洒落をするのに金がかかるなど様々な理由がありますが、多くのスタッフが金欠状態です。

そして、スニーカーゲームは数年前から世界的に盛り上がりを見せたことでスタッフの元にチップを払って、プレ値のつくスニーカーを少しでも高く売ろうとするバイヤーが増えるのも当たり前です。そうなると入札式で売る相手を決めているケースが多いみたいです。

なので、チップは快く受け取ってくれます。ですが、100%買えるわけではないです。

あと羽振りのいい人や仲良くなると優先的に連絡をくれることもありますので、賭けで20万くらい一気に使うとサポートしてくれるかもしれないですね。(体験談)

2:友達1人と決めてチップを受け取る人(友達優先)


すごい仲のいいスタッフが出来るとチップもなしでスニーカーを譲ってくれる人もいます。

ですが、彼らも毎日バイヤーと話をしているので「スニーカー目当て」で近づいて来たのかそうじゃないのかは一瞬でわかります。自分も仲のいいスタッフが何人もいますが、彼らの多くがバイヤーをしている時から毎週何度も足運び、長い時間かけて仲良くなった人ばかりです。

なので、旅行者の人が一瞬で彼らと信頼関係を作るのは相当ハードルが高いです。

3:物々交換でチップを受け取ってくれる人(価値の交換)


簡単な例でいうとスタッフがクリエイティブな仕事をしていて、スニーカーが欲しい人が「その作品に協力するし、チップも渡すからスニーカー譲ってくれない?」という交渉もよくある話です。

自分の周りを参考に話すとスタッフの多くがラッパーやDJ、デザイナーなど何かしらクリエイティブなことをしています。そして、多くのスタッフが若いので彼らも日頃からチャンスを探して生活をしています。そんな時に彼らができない「価値」を提供することで彼らと深い仲になるのは当たり前の話っちゃ、当たり前の話ですね。

実際に自分はソーシャルメディアやブログなどクリエイターなら知りたい知識をたくさん持っているので(2)(3)の目線で付き合ってくれているスタッフが多いです。嬉しいことです。

なので、英語ができない人や日本からの旅行者の方で(1)に該当する人はいても、(2)(3)に該当する人は少ないのではないでしょうか?

チップを払えば100%買える訳ではない


冒頭にも書きましたが、チップを払えば100%買える確証はありません。

ニューヨークのSupremeは横流しをほぼ公表してくるくらい堂々とやっているのですが、先ほど書いた通り、ニューヨークの多くの人気ショップが横流しをしています。なので、多くのスタッフが横流しをやっているので、店舗の管理している在庫が合わず、結果新作のスニーカーが手元にこない場合もあります。

「そんなアホな話ある?」

と思うかもしれないですが、Supremeのニューヨークの店を例にすると2015年までの店舗外で並んで待っている時はオープン前に関係者が表の入り口からセキュリティーにドアを開けてもらって、中に入っていく光景がよく見られ、2016年に「ニューヨークのSupremeは事前に整理券を配布スタイルに2016年から変わりました」でも紹介した順番制になったと思ったら、住所が記載されたメールが登録者宛に届く前に一部の人にメールが送れていたり、2017年から「2017AWよりニューヨークのSupremeの並びの抽選方法がオンライン抽選に変更になりました」に変わりましたが、普通に2015年同様オープン前に関係者は入場して買い物をしています。

もちろん、多くのブランドは横流しを容認はしていません。

例えばSohoにあるNike Labはスタッフの横流しが2017年に発覚し、何人かクビが出ましたし、Sohoのアディタスのスタッフもebayでyeezyを転売していることがバレてクビになっていました。それもあり、一部のブランドでは転売やチップの受け取りに厳しい場合もあるので、空気がおかしかったらチップを渡すのは辞めましょう。

正しいスタッフへのチップの渡し方


もし今後発売するプレ値がつくスニーカーが欲しくて、チップを誰かスタッフに渡して受け取ろうと思っている人はまずノリがいいスタッフを見つけてください。なんの話でもいいので、話しかけて、ノリが良かったら第一関門突破です。

次にそのスタッフが発売される欲しいスニーカーに興味があるかないか聞きます。もし興味があれば、自分自身に買ってしまう場合もあるので期待は薄くなります。もし興味がなければ、「チップを渡すから助けてくれない?」と交渉します。ノリがいいスタッフなら対応してくれますが、先ほどの(1)のケース(お金優先)の場合が多いです。彼らからしたら保証もしてないのにチップをもらった感じになってますからね。

そのあとは連絡が取れるようにinstagramを教えてもらって、発売日にDMを送ることを約束します。

もし発売まで時間があるなら何度かお店を訪れて、コミュニケーションを取ると欲しいスニーカーがゲットできる可能性が上がります。相手も人間なので「物をくれる人」という認識をされるのは嫌ですからね。

そして、当日に挨拶程度のDMを送って、あとは待つのみ。

もし彼がスニーカーを確保してくれたら、あとは人が少なくなった時間帯を見計らって、店に行けばスニーカーはバックヤードに置かれています。あとは定価のお金を払えば、スニーカーはあなたの手元に届きます。

ですが、こんなスムーズにいく可能性は20%ないです。

急にinstagramで連絡が取れなくなったり、100ドルチップ払って、当日に「あ、ごめん。買えなかった」みたいな話はよくあります。(大抵そういう時は他の人の手に渡っているのですがね…)

深夜組が並びのチケットを朝組の人に販売してくれる

夜中から並んでた人が並びのチケットを販売している写真
実際に「ニューヨークでKith x Coca-Colaを買うために深夜からKithに並んで見た」の記事を書きに行った時に、朝から並んでいた男の子に、

「並びのチケット、30ドルで買いませんか?」

と聞かれた。これはよくある話で、深夜から並んでた人が朝方に並びに来た人に並びのチケットを売る手法です。ですがこれが注意で、一部のショップでは並ぶ段階でIDの提示と名前を控えられて、入場時にID確認をされる場合があります。

そうなるとせっかく買ったチケットも使えません。また、商品の在庫数は誰もわからないので買ったチケットで購入できるかもわからないです。

販売直後に店の前で転売される

販売後にプレ値でスニーカーを買っている人の写真
ニューヨークの並びの半分は転売目的で並んでる人が多いので、「もし並びに参加しなかったけど、プレ値でもいいから今欲しい!」という人は購入した人に「それって転売用?自分用?」と聞いて見ましょう。10人聞いたら5人は売ってくれると思いますが、値段は転売価格になります。

初めてニューヨークに行く人にはハードルが高い


今まで日本から何人もスニーカー好きが遊びにニューヨークに来たけど、やっぱり英語の壁は大きく、自分の価値観を伝えれず、結果彼らと仲良くなることが難しい場合が多い。実際に自分も彼らと関係性を作るために何度も通ったし、服もたくさん買いました。

なのでやっぱり、ある程度2人の間で信頼関係がない時にチップを渡して、譲ってもらうのはハードルが高いです。

もし、これらを理解した上で今から旅行でニューヨークに行かれる方でチップを渡してレアスニーカーを譲ってもらおうと思ってる方はしっかり彼らの文化を理解してからやりましょう。もしかしたら、もらえるかもよ!

バイヤー未経験者が人気スニーカーを転売して稼げるバイヤーになる方法の記事のアイキャッチ写真

バイヤー未経験者が人気スニーカーを転売して稼げるバイヤーになる方法

関連記事を読む

※この記事は2018/02/02に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。



自己紹介

トレンド調査ブロガー

NY在住歴5年。旅行やファッション(通販含む)に特化したWeb制作&マーケティングが得意。元バイヤーの経験とNY観光マスターの知識を活かしたブログは月間35万PV突破。運営してる会員サービスの会員さんと国内やNYで一緒に遊んで「新しい人生の選択肢」を共有なう。


Supreme Fall/Winter2018(8/16販売開始)

Supreme Fall/Winter2018はニューヨークにでは2018/8/16からWeek1が始まります。初めてSupremeを購入する方向けに「偽物の見分け方」「初めて並ぶ人向け準備リスト」を用意していますので、参考にしてください。



他では味わえない「新体験」が10ドルで楽しめる!

「KUTSUHIMO」の会員コミュニティーサービスは2017年11月からスタートした有料コミュニティーサービスです。(月額$10/最大100名限定)


「KUTSUHIMO」は「Line/Instagram」を使って最新のスニーカー情報やニューヨークの店舗最新情報などをリアルタイムで楽しめるだけでなく、ニューヨークに来る「きっかけ」が作ることができる月10ドルの有料会員サービスです。この会員サービスはスニーカー好きの仲間と出会えて、日本で実際に遊んだり、海外に一緒に行ったりして「経験をシェアして人生の選択肢を増やす」ことを目的にしています。


実際にこの会員サービスがきっかけで1年で7人の会員さんがニューヨークに遊びに来てくれました!彼らの多くがこの会員サービスでKeiのニューヨーク生活を見たり、ニューヨークに遊びに行っている会員さんの遊んでる風景を見たことがきっかけでニューヨークに遊びに来てくれました。その中の1人の会員さんのニューヨーク体験談を「初海外旅行の僕がKeiさんのバイヤー体験ツアーに参加した感想を本音で紹介します!」で紹介しています。


初海外旅行の僕がKeiさんのバイヤー体験ツアーに参加した感想を本音で紹介します!の記事のアイキャッチ写真

初海外旅行の僕がKeiさんのバイヤー体験ツアーに参加した感想を本音で紹介します!

体験談を読む

人生は周りにいる人たちで大きく変わります。一緒に楽しいライフスタイルを作りましょう!


会員詳細説明の前に会員費についてなのですが、会員費の支払いは毎月3日までになります。それを過ぎると入会ができないので翌月の30日に「会員待機Lineグループ」に登録してもらえると通知が行くようになっています。


またこのコミュニティーはLineグループで運営されているため、Lineのアカウントを持っていない人とクレジットカードを持っていない方は参加できません。

会員待機組追加
(Lineで通知/スマホのみ)

>> 会員サービスの詳細はコチラ <<




新しい"とれんど"の教科書とは?

このブログでは海外に買い付けしてるバイヤー買い付けするような海外でトレンドになっているスニーカーやアパレルの商品の新着情報だけでなくTwitterのアンケート機能を使った人気情報と一部人気商品は転売価格も記載しています。また、ニューヨークで買い付けしたいと考えている個人バイヤーの人のためにバイヤー時代に経験したことをシェアしています。またニューヨークの人気ショップやニューヨーク生活、会員限定の経験記事を有料コミュニティーサービス「Kutsuhimo」($10/月)の会員限定でシェアしています。

NYCアテンドの相談受付中!

アテンドの相談は
Lineで受け付けております!
気軽に連絡ください

アテンド詳細はコチラ

ID:@nhz2511o
(検索時に@を忘れないで)

TOP