MGNYC

ニューヨーク在住の個人バイヤーブログ「ニューヨーク買付市場」

コロナウイルスによるバイヤー業一時停止のお知らせ

詳細はコチラ

手元に届かなくても大丈夫!PayPalなら安心して海外のオンライン通販できる理由

2017年10月17日(火)

どうも、元海外バイヤーのKei(@gmnyc_k)です。

海外オンラインで買った商品が手元に届かない!

こんな話聞いたことないですか?最近では日本から海外のオンラインショップで日本未発売のスニーカーや日本でプレ値がついてる服などが購入できる時代になりましたが、海外からの発送ということもあり、商品があなたの手元に届かず、どこかへ消えてしまう事件はよく聞きます。

もちろんクレジットカードを使って決済していた場合でも返金処理のクレームを申請することは出来ますが、カード会社によっては返金までに時間がかかる場合があります。

ですが、PayPalなら最悪商品が届かなくても大丈夫。

PayPalは送金日から45日以内であれば、問題解決センターを使用して売り手に対し異議を提出し、もし異議を解決できない場合は、異議を提出した日から20日以内に異議をクレームに変更することによって問題解決センターではなくPayPalに調査を開始し、相手が10日以内に返事をしないと、Paypalの強制調査がはじまり、それが認められれば返金されます。


実際に商品が届いてないので、PayPal利用なら返金は短時間で高確率で返金されます。

また上のイラストを見てわかる通り、PayPalはお金を管理するセキュリティーボックスのようなイメージです。PayPalの中に決済で使うクレジットカード情報やデビットカードの情報を入れて、そのクレジット情報をPayPalを通じて海外のオンライン通販で利用することで、もし商品が手元に届かなくてもPayPal側が売り手側に強制捜査に入り、相手のPayPal情報から返金処理をすることができるのです。

では、実際にPayPalのアカウントの作り方を紹介しますが、もしクレジットカードがない人はPayPalアカウントを作ることは出来ても、決済する手段がないので結果PayPalが使えません。なので、PayPalアカウントを作る前に「クレジットカード初心者には「楽天カード」と「楽天ゴールドカード」がオススメの理由」で紹介している楽天ゴールドを契約してからPayPalアカウントを作ることをオススメします。

クレジットカード初心者には「楽天カード」と「楽天ゴールドカード」がオススメの理由の記事のアイキャッチ写真

クレジットカード初心者には「楽天カード」と「楽天ゴールドカード」がオススメの理由

関連記事を読む

「ここまでPayPal便利だとセキュリティー面が危険とかじゃないの?」

と思う方もいるかもしれないですが、PayPalのセキュリティーは業界最高水準の暗号化通信(SSL168ビット)を採用しており、世界最先端のセキュリティシステムと言われることからアメリカではeBayはもちろん、KithやSupremeなどでもPayPalは利用することは出来ます。

ちなみにPayPalアカウントは5分で作れます。

PayPalのアカウントの作り方

PayPal公式サイトトップページの写真
まずは日本語サイトのPayPal公式サイトにアクセスします。次に右上の「新規登録」をクリックします。

PayPal公式サイト登録ページの写真
次に個人のPayPalアカウントを作成するので「パーソナルアカウント」を選択します。

このPayPal画面にも記載されていますが、PayPalは先ほども書いた通り、クレジットカード情報などの決済情報をPayPalに既に登録してある場合は店側にクレジットカード情報を教える必要はありません。また、どこからあなたのクレジットカード情報が漏れるわかりませんし、不正に使われる前にPayPal対策を取るのがベストです。

PayPal公式サイト登録ページの写真
次に名前や住所などの情報を入力して、チェックボックスにチェックを入れて、PayPalアカウントを開設のボタンをクリックします。

PayPal公式サイト登録ページの写真
次にPayPalに登録するクレジットカード情報を入力します。もしまだクレジットカードがない方は「後で設定する」をクリックしてください。オススメは「」でも紹介した楽天ゴールドのクレジットカードです。

PayPal公式サイト登録ページの写真
これでPayPalアカウントの作成が完了です。

次にあなたのPayPalアカウントの管理画面を見るために「アカウント管理画面に進む」をクリックします。

PayPal公式サイト登録ページの写真
このPayPal管理画面が表示されたら完了です。この管理画面内からクレジットカードの情報の追加、編集、削除ができます。

PayPalの送金システムは便利

もしSNSであなたの商品を他人に販売した場合にPayPalアカウントをあなたが持っている場合、買い手のメールアドレス宛にPayPalより決済URLを生成して、そのURLで相手が決済をすることが出来ます。相手もクレジットカードまたはPayPalアカウントがあれば決済が可能です。

これで取引相手もクレジットカード番号などの個人情報を知らせることなく決済ができるので、PayPalを使うことで海外の相手でも安心に取引をすることが出来ます。

PayPalと楽天ゴールドカードの相性が日本人には抜群

クレジットカードは色々な会社が提供しており、マイルがついたり、利用額に合わせてプレゼントがもらえたりと特典がついていますが、実際に日常生活で使える「価値」があるものがもらえた方が良くないですか?

日本人の多くが日常生活で消費品を買うオンライン通販といえば楽天市場。

楽天で買い物をする人の多くがクレジットカードを既にお手持ちのクレジットカードで決済される方が多いですが、楽天ゴールドカードでいつも通り楽天するだけで、どれだけお得かは「楽天ゴールドカードを実質1年無料で様々な特典を体験しよう」で紹介しています。

最後に「結局PayPalってなんなの?」という問いに一言で答えるなら、PayPalで決済した商品が届かなくても購入金額が補償される買い手側・利用者側を保護プログラムシステムです。

いや〜PayPal、便利ですよ。


※この記事は2017/10/17に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。




ニューヨーク買付市場とは?

このブログはニューヨーク在住のバイヤーのKei(@gmnyc_k)が運営する海外で買い付けをする「個人バイヤー」になりたい人の役に立つブログです。ブログでは個人バイヤーになるノウハウ以外にもニューヨークを中心にイケてるストリート系のショップやトレンド商品の新着情報を紹介、SNSで買い付け代行屋リクエストオーダーをして商品を販売しています。又、海外で買い付けする個人バイヤーになりたい人向けに3日間の「バイヤーアテンドツアー」をニューヨークで実施しています。

海外バイヤーの裏話

海外でバイヤーを始める上で必要な
知識を記事にしました!
※途中まで無料で読めます

記事を読む

ニューヨーク買付市場EC

僕がNYで見つけたイケてる服だけを
取り扱う通販始めました!
※1点物がほとんどになります

商品を見る
TOP