MGNYC

ニューヨーク在住の個人バイヤーブログ「ニューヨーク買付市場」

コロナウイルスによるバイヤー業一時停止のお知らせ

詳細はコチラ

ニューヨークのソーホーにある「Marc Jacobs(マークジェイコブ)」の店舗がどれくらい安いか調査してみた

2020年01月27日(月)

ニューヨーク在住のバイヤーKei(@gmnyc_k)です。

ニューヨーク発の人気のブランドといえば「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」で約17年間デザイナーとして活躍し、その後はカジュアル且つ大胆な色使いで世界的に大人気になったブランド「マーク・ジェイコブス(MARC JACOBS)」です。


そんなニューヨーク発の人気ブランド「Marc Jacobs(マークジェイコブス)」は今現在マンハッタンに3店舗あり、その中でもショッピングエリアとして人気の「ソーホー」にある「Marc Jacobs(マークジェイコブス)」の店舗はブランド街の中にあり、別のブランドの買い物ついでに是非足を運んでください。

「Marc Jacobs(マークジェイコブス)」の店舗で販売されている商品の値段についてはこの記事で紹介しますので、買い付けにいかれる個人バイヤーの方も参考にしてください。

目次[隠す]





5番街にも大きな「Marc Jacobs(マークジェイコブス)」の店舗がありますが、今回はソーホーの店舗を紹介します。今の時期の「Marc Jacobs(マークジェイコブス)」の売れ筋商品といえば今だとカバンよりもiPhoneケースや小物が人気です。


例えばこの「Marc Jacobs(マークジェイコブス)」のiPhoneケースはポーチ型になっていて、iPhone以外にもカード類も入れる便利なケースで95ドル(約10,300円)で販売されていて、日本では19,800円で販売されているので利益は9,500円でます。日本でもこのiPhoneケースが売られているのですが人気で完売していました。


iPhoneケースはかさばらないし、定価も安いので買い付け商品として人気です。こちらの「Marc Jacobs(マークジェイコブス)」のiPhoneケースも定価は55ドル(約6,000円)で販売されていて、日本では8,700円で販売されているので利益は2,700円でます。


他にもコラボも販売しており、この記事を書いたときは「Marc Jacobs x SNOOPY」のコラボ商品が販売されており、このコラボスニーカーは295ドル(約26,700円)で販売されていて、日本では43,000円で販売されているので利益は16,300円でました。


他にもバックや財布、アパレルなども販売されており、定価は日本よりもかなり安く購入できます。


新作の「Marc Jacobs(マークジェイコブス)」も販売されており、最近販売されて人気なのは真ん中のロゴが特徴的なデザインの財布やカバン、ポーチです。

金額的には日本で販売されている「Marc Jacobs(マークジェイコブス)」の30%割引くらいで考えるといいかと思います。



目次へ戻る



ニューヨークの「Marc Jacobs(マークジェイコブス)」は定期的にセールを開催しており、セールのタイミングによっては最大50%割引で購入できる商品もありますが、全て型落ちなので買い付けするとする場合は目利きが大切になります。


例えばセールでこのカバンが定価375ドル(約40,900円)でセール価格で50%割引の187.5ドル(約20,500円)で販売されていました。ですが、これは日本では人気のないカバンなどで買い付けしても在庫になる可能性が高いです。


だけど、「セール=売れない商品」ということではなく、例えばこの黒の財布は定価185ドル(約20,200円)ですが、セールは92.5ドル(約10,100円)で販売されており、日本では16,800円で販売されていましたので、利益は6,700円くらいでます。


小物や財布以外にもアパレルもセール品として発売していますが、アパレルはサイズ間もあるので買い付けとしてはオススメはしません。また、セールは型落ちしている商品になるため買い付けするとしたらしっかりリサーチしてから購入しましょう。

目次へ戻る





マンハッタンには3ヶ所の「Marc Jacobs(マークジェイコブス)」の店舗があり、今回紹介したのがソーホーにある店舗になります。マンハッタンにある店舗はインスタ映えする可愛い店舗です。

「Marc Jacobs(マークジェイコブ)」は昔から買い付けされるブランドですが、最近は少し人気が衰えていることもあり、買付は慎重にされた方がいいです。ですが、アメリカ発のブランドということもあり日本よりも安く購入できるので、商品によっては利益が結構出る商品もあるのでリサーチしてから買い付けに行きましょう。

また、初心者の個人バイヤーの人はコチラの記事に今から個人バイヤーになりたい人向けの記事を書いているので読んでからニューヨークに買い付けにきてください!

(関連記事:バイヤー未経験者が人気ブランドを転売して稼げる個人バイヤーになる方法


住所:59 Greene St, New York, NY 10012
公式ホームページ:59 Greene St, New York, NY 10012

目次へ戻る


※この記事は2020/01/27に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。


ニューヨーク旅行に行かれるストリートブランドやスニーカーが好きな人のためにバイヤーの自分が「地図付き!バイヤーが通う、ダウンタウンのオススメスニーカーショップ」の記事で買い付けに使っている店舗を紹介しているので参考にしてください。
このブログを運営するKeiが運営しているニューヨーク初旅行者方向けのブログ「NYPG」ではニューヨークに初めて遊びに行かれる方によく聞かれる質問や観光名所を紹介しています。また、下のフォームを入力するとダウンロード不要で利用できる記事で紹介しているお店や観光名所を調べることができる「ニューヨークカフェMap」を無料でプレゼント中!詳しい詳細は「ニューヨークカフェMap申し込みフォーム」をお読みください。

は必須項目です。

お名前姓:名:
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp
都道府県
認証画像画像認証左の枠内に表示されている4桁の数字を入力してください。


ニューヨーク買付市場とは?

このブログはニューヨーク在住のバイヤーのKei(@gmnyc_k)が運営する海外で買い付けをする「個人バイヤー」になりたい人の役に立つブログです。ブログでは個人バイヤーになるノウハウ以外にもニューヨークを中心にイケてるストリート系のショップやトレンド商品の新着情報を紹介、SNSで買い付け代行屋リクエストオーダーをして商品を販売しています。又、海外で買い付けする個人バイヤーになりたい人向けに3日間の「バイヤーアテンドツアー」をニューヨークで実施しています。

海外バイヤーの裏話

海外でバイヤーを始める上で必要な
知識を記事にしました!
※途中まで無料で読めます

記事を読む

ニューヨーク買付市場EC

僕がNYで見つけたイケてる服だけを
取り扱う通販始めました!
※1点物がほとんどになります

商品を見る
TOP