MGNYC

ニューヨーク在住の個人バイヤーブログ「ニューヨーク買付市場」

コロナウイルスによるバイヤー業一時停止のお知らせ

詳細はコチラ

ニューヨーカーから100年以上愛されているメガネブランド「MOSCOT(モスコット)」のメガネはおすすめ

2020年03月15日(日)

ニューヨーク在住のバイヤーKei(@gmnyc_k)です。

自分は目が悪いのでメガネをかけないと生活ができないのですが、メガネってコーディネートによってフレームを変えたり、色を変えたりしないといけないので自分もサングラス3本、メガネ5本持っています。

自分もニューヨークでメガネを探しましたが、ニューヨークで少しデザイン性があるメガネを探そうと思うと想像以上に高くて変えなかったり、バリエーションが少なくて選べなかったりする場合がほとんど。


そんな中で僕が見つけたイケてるメガネ屋さん「MOSCOT(モスコット)」はおすすめ!僕も愛用していて、何がいいって、クリップ型のサングラスレンズなので普段つけているメガネの上からクリップで止めるだけなのでメガネとサングラスを別々に持つ必要がない&クリップ型なので簡単に着脱可能なのが便利です。

この記事ではロウアーイーストにある「MOSCOT(モスコット)」の店舗を紹介します。



ロウアーイーストにあるMOSCOTで洒落メガネを探す


MOSCOTは1915年に作られたブランドで、愛用者として有名なのがアンディ・ウォーホル、ジョン・レノン、ウディ・アレンなどの有名人が着用しています。中でもセルフレームをカラープラスチックやベッコウ柄を使い、過去のデザイン・アーカイブから発表されたのがオリジナルデザインとして今でも人気みたいです。

最近では東京にもMOSCOTが進出したことで日本のファッション業界でも話題になりました。


MOSCOTのメガネには二つの特徴があります。1つは奇抜的なデザインではない定番のスタイルが多いこと。実際に1940年代に生まれたフレームが、現在も現役のモデルとしてカタログに載っていると知った時は驚きました。もちろん、定番の良さを残しつつ現代的なアップデートをし続けているからこそ、今でも現役で定番商品として掲載されていると店員さんが言っていました。


また定番以外にもニューヨーク生まれらしくて奇抜なデザインのメガネもたくさんありますので、奇抜なデザインが好きな人も大丈夫!自分もクリップ型のサングラスレンズとメガネのセットを買いました!これで室内ではクリップを外して普通のメガネとして使って、外に行くときはクリップをつけてサングラスとして使えるので目が悪い僕でも普通に使えるのが便利。

実際に自分が買ったメガネをかけてる写真はインスタにあげています。

2015-07-20-17.38.06
2つ目の特徴的なのが1つのフレームに対して複数のサイズが準備されていることです。

僕が買った時は欲しいメガネフレームがあったのでスタッフを呼ぶと「3つのフレームサイズがあるから」と言って、奥からサイズ別のメガネを出してくれました。話をしてると「メガネは一人一人輪郭で大きく見え方が変わるから、一人一人のお客様にあうようなメガネを提供したいから別のサイズのフレームがあることは購入前にちゃんと話すようにしてるんです」と言ってた。

この「MOSCOT(モスコット)」のメガネはデザインがいいだけではなく実用性の観点からもアプローチしているあたりが素敵です。


「MOSCOT(モスコット)」の店内には過去に買い物に来た芸能人やアーティストの方々の写真が飾られており、その周りにはビンテージのメガネが陳列されていました。

2015-07-20-17.37.39
特に1970年代のメガネはかなり個性的でしたが、これをかけこなすのは相当のオシャレじゃないと無理ですね…


ちなみに「MOSCOT(モスコット)」で今回購入したメガネはサングラスのクリップとメガネのフレームとレンズで込み込み650ドルかかりました。


だけど、ご注意を!自分が「MOSCOT(モスコット)」で作ったメガネの度入りのレンズの焦点がズレていました!日本で考えたらありえないけど、これもアメリカ。あー、100ドル以上払って作ったレンズが…

とにかく、レンズの事件はあったとしてもフレームやサングラスは本当にかっこいいものが多いので、メガネを探している人は「MOSCOT(モスコット)」に行ってみてください!このロウアーイーストの店舗以外にも「ニューヨークにあるSupreme(シュプリーム)が買える3店舗と並びのルールを紹介」で紹介した「Dover Street Market」の中と「2020年版動画付き!チェルシーマーケットがお買い物天国と言われる理由を徹底解析」で紹介した「チェルシーマーケット」の中にも店舗があります。

インフォメーション


オススメ度 : ★★★★★
住所:118 Orchard St, New York, NY 10002
電話番号:+1 212-477-3796
営業時間:10時30分~21時00分(営業時間変動あり。詳しくはHPを見て下さい)
最寄り駅:Delancey St(F線)
WIFI:なし
電源:なし
トイレ:なし
ホームページ:http://moscot.com/


※この記事は2020/03/15に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。


ニューヨーク旅行に行かれるストリートブランドやスニーカーが好きな人のためにバイヤーの自分が「地図付き!バイヤーが通う、ダウンタウンのオススメスニーカーショップ」の記事で買い付けに使っている店舗を紹介しているので参考にしてください。
このブログを運営するKeiが運営しているニューヨーク初旅行者方向けのブログ「NYPG」ではニューヨークに初めて遊びに行かれる方によく聞かれる質問や観光名所を紹介しています。また、下のフォームを入力するとダウンロード不要で利用できる記事で紹介しているお店や観光名所を調べることができる「ニューヨークカフェMap」を無料でプレゼント中!詳しい詳細は「ニューヨークカフェMap申し込みフォーム」をお読みください。

は必須項目です。

お名前姓:名:
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp
都道府県
認証画像画像認証左の枠内に表示されている4桁の数字を入力してください。


ニューヨーク買付市場とは?

このブログはニューヨーク在住のバイヤーのKei(@gmnyc_k)が運営する海外で買い付けをする「個人バイヤー」になりたい人の役に立つブログです。ブログでは個人バイヤーになるノウハウ以外にもニューヨークを中心にイケてるストリート系のショップやトレンド商品の新着情報を紹介、SNSで買い付け代行屋リクエストオーダーをして商品を販売しています。又、海外で買い付けする個人バイヤーになりたい人向けに3日間の「バイヤーアテンドツアー」をニューヨークで実施しています。

海外バイヤーの裏話

海外でバイヤーを始める上で必要な
知識を記事にしました!
※途中まで無料で読めます

記事を読む

ニューヨーク買付市場EC

僕がNYで見つけたイケてる服だけを
取り扱う通販始めました!
※1点物がほとんどになります

商品を見る
TOP